オンライン・長崎・長与・時津方面で英語教室をお探しの方

Screen Shot 2023-03-29 at 10.39.41 Screen Shot 2023-03-29 at 10.39.27

Congratulations!

T 君、東京大学理1合格おめでとうございます!!
いまだに小学校の時に足の骨を折って松葉杖でエスタミネーに来ていた姿を思い出しますが、
4月からは晴れて東京の大学生になるんですね。

Why Tokyo university?
なぜ東大に決めたのでしょう?

「研究者になりたいので、多くの研究者を輩出している東大に行こうと思いました。
計数工学をやりたいと思っています。」

計数工学ってどういう学問ですか?

「モデルなどを使っていろんな分野の予測をするもので、物理と数学を合わせたようなものです。
例えば交通渋滞や地球温暖化の予測計算をしたりします。」

そうか〜。面白い分野だしたくさん勉強して計数工学で大いに社会貢献してね!

受験前のT君と私のレッスンは、東大の自由英作文対策でした。
「東大英作文は楽しくて簡単だ」「東大英作文は英検なんかと違って何が出題されるか予測が難しく対応しにくい」と意見が分かれるところですが、

私はこの東大自由英作文問題が大好きです。

東京大学が公表している「出題の意図」には、

<作文問題> 
自らの意見が読み手に明確に伝わるよう、適切な語句や表現を用いて、論理的で説得力のある文章を作成する能力が試されています。

高度な英語力というよりも、「正しい英語で相手に意図がしっかりと伝わる」ことが求められています。

過去問をちょっと見てみると、

・あなたにとって暮らしやすい街の、最も重要な条件とその理由。

・(床で寝そべる猫を掴もうとする巨大な人の手を映した非現実的な写真を見て)思うことを書け。

・(シェイクスピアの戯曲『ジュリアス・シーザー』を読んで、シーザーとブルータスの対話について)思うことを述べよ。

要するに何を聞かれても、思うことを英語できちんと表現できればいいということです。

ここが、小さい時から試験対策だけでないきちんとした段階的に進んでいく英会話をやっている人は大変有利なところです。

私のレッスンでは、世界中のありとあらゆる現実的な、そしてあり得ないような画像を含めいろんなお題を毎週出してそれに1〜2分考える時間を与えて口頭で答えてもらい、宿題として書いたものを提出するということをやりました。

結構ゲラゲラ笑う瞬間があって、とっても楽しかったです:)

 

和文英訳は、出版物から引用されたこなれた日本語を英訳することが求められるのですが、日本語能力が高いT君は毎回とても素晴らしい文章を作ってくれました。

T君にこれから受験勉強をする人たちへのメッセージを聞いてみました。

「楽しむこと!

そのために、1日に1回勉強をやめる時間を作るのもいいかもしれない。
1日の中で少しだけ自分を解放する時間を作る。

僕は本を読む時間を持りました。」

英語の勉強のアドバイスを聞いてみました。

「東大のリスニングに関して言えば、一つの題材を1週間夜に毎日30分~1時間音読していたので、リスニングは全く問題ありませんでした。

Aが自由英作文で、B が英訳。
英訳はパッと無茶苦茶簡単にできたけれども、
Aは今から30年後の交通手段はどうなるかという問題で、題材は簡単でした。
文法的には大丈夫でしたが、論理立てて書くのにちょっと時間がかかりました。

なので、本番を想定して書く練習するといいと思う。

東大プレ模試は1日で終わるけれど、本番は2日あるので
1日目が終わった後僕は無茶苦茶勉強できたけれど、できない人もいると思う。

メンタルに本番のような気持ちでやるといいと思います。

5番の読解は時間がかかりました。

試験は、数学、国語、英語、物理と化学。
物理と数学がめちゃくちゃ難しくて、英語で決まったという感じです:)

ボキャブラリーに関しては、特別なことはしていなくて、高1の頃から東大向けの単語帳をひたすらやっていました。
ボキャブラリーは早いうちからやっておくこと。」

T君を教えるのも、今回のあいさつに来てくれた時も楽しい時間でした。

東京では、今までの自分と違った世界を新しい仲間と楽しんでほしいと思っています。

そして、大学院は世界のトップの大学に行って欲しいなぁ。

“Success is peace of mind, which is a direct result of self-satisfaction in knowing you made the effort to become the best of which you are capable.” —John Wooden


Screen Shot 2023-03-27 at 20.01.38

 

 

Hちゃん、熊本大学文学部コミュニケーション情報学科合格おめでとう!

小さい時からエスタミネーに通ってくれたH ちゃん。もう大学進学なんて信じられないくらい時間が早く経ちました。

昨年春の英検のライティングの特訓の特別講座でも抜群のライティングセンスを見せてくれました。

最終的には英語を学んでいても勝負はその根底にある日本語力です。

何時ごろ熊本大学に決めたのか聞いてみたら、3年生の夏秋頃の三者面談の時だそうです。

最初は広島大学に行こうと思っていたけれど、調べていくうちに少し自分がやりたいことと違っているかなと思っていたところ、先生からこんなところもあると勧められたそうです。

目をそっちに向けて調べてみたら、楽しそうだと思いました。

自分がやりたいのはコミュニケーション系で、自分が得た情報では広島大学は理系寄りな感じがしたそうです。

熊本大学文学部コミュニケーション情報学科では、メディア、映画、本などを使ってコミュニケーションを楽しんだりするそうです。

それでちょっと私も熊本大学のホームページを調べてみました。

コミュニケーション情報学科が求める人物像とは、

「理論だけでなく、自らの体験を通して、新聞・放送・広告といったマスメディア、インターネットに代表される情報技術の仕組みと運用など、コミュニケーションと情報に関するさまざまな事象について考えたい人」とあります。

さらに、

コミュニケーションを使いこなす社会の先進的存在に

世界はコミュニケーションに満ちており、
社会はコミュニケーションで成り立っています。
言葉だけではなく表情や仕草、人間だけではなく動物や機械までも、
コミュニケーションを行っていると私たちは考えています。
言葉によるコミュニケーションはもちろん、映像やマンガ、音楽などのメディア文化、
マスコミ、インターネットを中心としたITの世界などについて、
従来の文学部の枠にとらわれず、多様な知識や方法論を「編集」する
といったスタイルで教育や研究に取り組んでいます。
本学科が目指すのは、コミュニケーションを自在に使いこなし、
社会で先進的な役割を担っていける人材の育成です。 
そのために、実社会で通じる「発見・収集力」「分析・思考力」「伝達・発信力」を
身につけることが不可欠であり、そのベースとなる言語運用能力や
情報・メディア運用能力を高めることに特に力を注いでいます。」

まさに今の時流にあった学問ですね!

Hちゃんはもし留学する機会があったら、オーストラリアに行きたいと言っています。

粘り強く人が見ていないところでしっかり物事に取り組むHちゃん。
異文化の中でコミュニケーション力を磨き、社会で先進的な役割を担っていける人になってくださいね。
5年後ぐらいに世界のどこかで会おうと言って手を振って別れました。

 ”Everyone has inside of him a piece of good news.
The good news is that you don’t know how great you can be!
How much you can love!
What you can accomplish!
And what your potential is!”
— Anne Frank

Screen Shot 2023-03-25 at 9.47.33

 

中1のある生徒さんと、今レッスンの1部で英語のプレゼンテーションのトレーニングをしています。

先々週の宿題でテーマを何にするか聞いたら、

“Why music moves us?” (なぜ人は音楽に感動するのか?)

素晴らしいテーマ!

そして先週アウトラインを書いてくる宿題で、昨日持ってきたものを見ると

“Why do people sing so many love songs?”

彼に聞いてみました。

“Are you in love now?”

“No.”

“Have you ever loved someone?”

“No, but I like songs by Ed Sheeran.”

そうですよね。今恋していなくっても、ラブソングって誰にでもいい気分にしてくれますよね。

日頃はスポーツを頑張り、英語に関してはとっても意欲的で
レッスンでは、私がホワイトボードに何か書いていると必ず立って私の横に来ます。

ということで、昨日のレッスンでは最近流行りのものから60年代のものまで二人でラブソングを何曲も歌いまくりました。

生徒さんによってレッスン内容が予定と変わることはしばしば。
楽しいレッスンでした!
これだから先生やめられませんね。

今週の宿題で二つの理由まで書いてきたので、来週の宿題はエンディングです。
さあ、最後にどう締めるか楽しみです:)

Screen Shot 2023-03-25 at 10.07.24

IMG_9497

 

またまた昔の生徒さんが寄ってくれました。

もうご両親は長崎にいないのにわざわざ来てくれて本当に嬉しかったです:)
それにさらに嬉しいことに会話はず~っと英語のみ!

Yちゃんは、京都の立命館大学在学中にメキシコへ1年留学しました。私は、当時昔の生徒さんに会うため世界1周北半球南半球9カ国を回っている時にメキシコのグワダラハラ市に行って彼女に会ってきましたが、その時も目を輝かせていろんな思いを聞かせてもらいました。

今回はGraz というオーストリア第2の都市で過去数ヶ月仕事で行っていて帰ってきたところでした。
Graz では、隣国のスロベニアから仕事に通ってきている人もいるそうで、ヨーロッパの陸続き事情の現実も知りました。

Screen Shot 2023-01-15 at 9.43.09

またまた目を輝かせて語ってくれたのは、この町がとても美しく素晴らしいところで本当にいい経験をたくさんしたということでした。

特に、動物と人との関わり方に大感動!レストラン、カフェなど犬はどこでも入れるドッグフレンドリーであることには本当に驚いたそうです。そういえば、大学時代にYちゃんは確か犬のボランティアの仕事を大阪でしていたような記憶があります。

また職場では、インターナショナルな人たちと毎日英語で話し、その環境もとっても良かったそうです。できれば将来的にあのような職場で働けたらと今は、ドイツ語もビジネスレベルにまで持っていきたいと勉強中です。

話の流れで、melange というYちゃんがオーストリアのカフェでよく飲んでいたコーヒーの話になりました。これはカプチーノに似ているものだそうです。調べてみると、オーストリアでは17世紀ぐらいからコーヒーショップがあってコーヒーを飲む文化があったようです。ちなみにカプチーノの語源は、フランシスコ会のカプチン僧侶の服装が黒衣に白のフードを上にかぶるところからきたようです。

Screen Shot 2023-01-15 at 11.11.02

さらに、Viennoiserie (ビエノワズリー)というウイーン風のべイストリーに話が及び(大好きなトピックでLuc がだんだん燃えてきました)、みなさんお馴染みのクロワッサンは、もともとフランスではなく、オーストリアのウイーンから来たもののようです。

1839年にオーストリア人が、パリにウイーン風のペイストリーショップを開き、そこで人気を博したキプフェルという三日月型をしたペイストリーにフランス語のそれを表すクロワッサンと名が付いたそうです。

本当に新しいところに行くといろいろ発見があったり、自分の中の何かが触発されて自分の人生の次の指標や本当に自分が求めていたものに気づいたりします。

いつも書いていることですが、生徒さんの「その後」を共有できることは本当に喜びです。

行動することは、学ぶこと、発見すること、気づくこと。

そして英語とスペイン語を知っていると世界の歩き方も変わります。

それに、ドイツ語が入るとまたまた違う世界が見えてくることでしょう。

3つの異なる文化圏で生活をしたYちゃん。3つの異なる視点で世界の人々や文化を見て、自分の将来の居場所、というかどんな人生を本当は求めていたのかが段々見えてきたことと思います。

I can’t wait to see you again for the next catch-up!
Possibly somewhere in Europe?

次に会うのが本当に楽しみです!
次回はヨーロッパで会いましょう〜!

(下の写真は、10年前の高校生お別れ会。私の前にいる緑を着ているのがYちゃんです。全く変わっていないね)

CIMG4418

2022年12月31日

Screen Shot 2022-12-30 at 23.38.08

 

クリスマスの翌日から、1日2.5時間 X 4日 合計10時間、自分が強化したい分野に特化して英検の集中講座を行いました。

今回は、英検2級のリーディングと英検準1級のリスニングに取り組みました。

英検2級レベルになると、リーディングも一気に社会問題などのレベルが大人の世界になります。半分以上が中学生の参加者でしたが、みんな頑張りましたね。

みんなに共通している問題は、やはり単語力です。

英検2級にはおよそ5000語が必要と言われており、また熟語や話の展開をつかむディスコースマーカーも相当数マスターする必要があります。

2級のリーディング問題のうち何と20問が単語や文法関連、ディスコースマーカーなどの穴埋めなので、とにかく時間をかけてひたすらマスターする必要があります。

さらに、中学生では習わない仮定法などの文法事項もあるので、10時間は長いようで、やはりとても時間が足りませんでした。

比較的みんなしっかりできた感があったのは第3問AのEメール問題と第2問の長文穴埋め問題。

これは試験でもしっかり取れる自信がつきました。

これまでエスタミネーの生徒さんは英検2級は最終的にみなさん合格されたので、とにかく地道に単語力アップをして試験に臨んでほしいと思います。

IMG_9124

長与校で受講したみんなは超ラッキー!

Luc先生が焼きたてワッフルを差し入れてくれました。

IMG_9136次の日は何とクレープも!

激トレの合間のホッと一息タイムに最高でした!

もうひとつの分野別トレーニングは英検準1級のリスニングでした。

今回は偶然みなさん高校1年生で、結構レベルの高い生徒さんたちでした。

とにかく大変なのは、リスニングのPart 2。

歴史物や社会事象などが多く、固有名詞が頻繁に出てきて惑わされます。

1問は時間にしてたった1分ちょっとの内容ですが、馴染みのないストーリーの細かい内容展開をつかむのは結構大変です。

1日に20分英語ニュースなりドキュメンタリー、ドラマなどをみる癖をつけると半年もすれば劇的にリスニング力はアップします。何とかみんなに毎日意識して取り組んでほしいと思っています。

英検準1級に関しては、1度で合格された生徒さんもいますが、たいていは2〜3回は受験が普通で6〜7回受験という方も複数います。

大学入試に大変有効ですし、また英検準1級対策を真剣にやることで語彙力は当然アップするので共通テストや難関大学対策にもなります。

今回受講されたみなさん、本当に毎日真剣に頑張ってくれてありがとうございました!

これを機会に自分の得意分野はさらに力を伸ばし、もっとトレーニングが必要だと思うところは日々頑張って取り組んで2023年目標の級に晴れ晴れと合格してくれたらと思います。

Happy New Year everyone!

1 2 3 4 5 6 7 10

Monthly archive