長崎・長与・時津方面で英語教室をお探しの方
2022年9月29日
Miwako's EYE

スクリーンショット 2022-09-29 6.21.43またまた受験に熱が入る秋が来ました。

先日あるクラスでやった広島大学の過去問に次の研究結果が書いてありました。

*****

Participants who said they walked briskly had longer life expectancies than others regardless of their BMI at 87.7 to 87.8 for women and 85.2 to 86.8 years for men.

きびきびと歩くと言った被験者は、BMI値(肥満指数)に関係なく平均寿命が長く、女性では87.7〜87.8歳で男性では85.2から86.8歳であった。

Meanwhile those who walked slowly had shorter life expectancies, particularly those who said they moved slowly and had a BMI of less than 20, even though this was in the healthy range.

一方でゆっくり歩く人は、特に動きが遅くBMIが20以下の人たちは健康な範囲にあっても寿命が短かかった。

Women in this range had an average life expectancy of 72.4 years, dropping to 64.8  years for men. 

この範囲にある女性は平均寿命が72.4歳で、男性においては64.8歳にまで落ち込んでいる。

*****

ということは、痩せていても動きが緩慢な人は寿命が短くなる可能性が高く、ちょっと太りめの人でも動作がきびきびとしていて、速く歩くと寿命が長くなるという示唆に富んだ調査結果でした。

以前スイミングプールに通っていた時、泳いだ後に、ただ漫然と水の中を何往復か歩いていました。

あるとき反対側から私より年配の女性が歩いてきたのですが、歩くたびに両手を大きく振り本当に水の中をきびきびと躍動感高く歩いていてびっくりしたことがあります。

同じ「水の中を歩く」という行為がこんなに違うのかと反省し感心したものです。

私たちは毎日何度も歩きます。

心がけて動作をきびきびとして、さっさと歩く癖をつけたらちょっと長生きできるかもといういいヒントになった教材でした:)

 

 

2022年9月22日
Miwako's EYE

Screen Shot 2022-09-22 at 9.54.01

 

Congratulations!

Mちゃんが英検1級合格しました!
(実際の合格は1次が昨年の10月で、2次が今年の6月でした)

英検の1級は、語彙力が10000〜15000語ぐらい必要で、さらに世界のあらゆる出来事に関して
即座に意見を述べたりする力が必要でまさに世界を舞台に堂々と渡り合える英語力が試されます。
小さい時から英検に挑戦する姿を見てきて、英検の頂点に立った彼女を見て本当に嬉しいです!!
現在は他県の国立大学医学部で勉強していて普段はオンラインレッスンを受講していますが、
長崎に帰省した時に対面レッスンに来てくれたので
インタビューしてみました:)

ーなぜ英検1級を目指したの?

小さい時から英検をやっていて、小学校で2級を取りました。
中学受験があってその後中学では何もやっていなかったのですが、
中3になってやっぱり準1級も受けとこうかとなり、

その時の学校の英語の先生が準1に気合を入れすぎないために
準1と1級をダブル受験してみたらと言われました。
全然対策もできてない時に1級を受けてみたのです。

その時にあと108点取れれば合格できていたというのがわかって1級はやる価値があると思いました。

ーー本命の級と一つ上の級をダブル受験すると、次の展望が見えたってことですね。英検1級の勉強で特にハードだったのはどのパートでしたか?

 リーディングのボキャブラリー。

ーーそのパートは誰でも本当に苦労するところですよね。それを克服するためにはどんなことをしましたか?

準1級受けた時もすごく単語に困って、当時は日本語に訳した方が難しかった単語が多かったんです。

とにかく、準1の時はパス単を吸収したから受かったので、1級もひたすらやり続けようと思って、
そのうちパス単の出る順のA、 Bは完璧になってきました。
それでも本番を受けると半分は見たことのない単語が出てくるので、やっぱりこれはCまで、最後までやり続けたら
ある程度語幹と語尾の関係などのつながりが見えてくるかなと思いました。

パス単を全部やって覚えたら、単語のパートは6~7割は取れるようになってきました。
それで、勝機が見えてきたという感じです。

ーー単語を覚えるのは、毎日時間を決めてやるとかいう感じでやりましたか?

毎日だいたい50個づつ単語を覚えていって、前の日の50個を次に日の分をやる前に復習して、
パス単の左側の言葉と意味を見た後に、復習は右側の例文を隠してちゃんと単語を埋めたりできるのかなという感じでやっていました。

 ーーすごいね!それでは、毎日学校の行事もあり、宿題もあり、定期テストも間に入ってき、世界遺産検定なども合格しそんな中でそれをひたすらやっていたんですね。

1級に受かったのが、高3のちょうど受験期で、時間がなくてやめようかと思いましたが、受験前に受けれるのが最後だからとよけいに最後は追い込みをかけてやりました。

点数が伸びなかったのがライティングで、その直前の英検は2点足らずで落ちたのでその辺が悔しくて···リスニングは安定して8割とかは点数が取れていました。

ライティングが点数にムラがあったのですが、エスタミネーの先生が助けてくださって、フォーマットとかを覚えて1冊やり込んだら実際に書きやすくなり、ライティングの点数が伸びて、結局はライティングが一番点数が良かったという結果になりました。

ーーライティングはフォーマットを覚え込むということですよね?ネイティブスピーカーではない私たちが高度な英語を使えるし、あとはそのフォーマットを使って問題をはめていけばいいので、それでライティングのムラがなくなったということですよね。簡単には1級は取れないし、本当に学校のことで追われているのでその間にそういうことをやったということですよね。

ーこれから1級を目指す人に何か伝えたいアドバイスやメッセージはありますか?

単語ができたら1級は勝機が出てくると思うので、単語とか長文はその時のお題によって左右されないから、1か所、たとえば私だったらリスニングとか点数が変動が起きず確実に取れるというのがあると自分的に心強いと思います。

それから、あとはもうがむしゃらにやり続けるということ。

私は、ちょうどライティングのレッスンをとっていた頃がコロナのワクチンを打つ頃でとても大変で、それが自分でも印象に残っています。

それくらい自分はやり尽くしたという最後は自信がつきました。だから1次は突破できたかなと思います。やはり量がものを言うというのは一緒なので、それに加えて単語などを勉強する時間が必要です。

「甘えちゃいけない」というのが一番強いと思います。

ーそれに加えてエスタミネー英語教室の毎日ある「20分ニュースヘッドライン」のオンラインレッスンに参加していたいたんですよね?コミットメントというか、自分でやらなければいけないことを全部こなしていったんだよね。That is amazing!

3歳ぐらいから16年間英語をやっていて、お世話になった英検との終わりがこんなにあっけないんだという気持ち。

ーそうですよね。受かってしまったら。

自分の中では、2次試験があっという間だった。

ー2次試験の成績は?

2次試験は4技能でみられ、ショートスピーチが10点中9点、その次の質疑応答、インターアクションが10点中9点、ボキャブラリーと発音が10点中8点づつもらえて、合計が85%もらえた。

ーすごいね!

 インターアクション、というかショートスピーチが私は苦手だったから、どんなお題が出ても良いようにデータなどは徹底的に調べ尽くしました。

またお題の中に「科学研究には公費で賄うか、私費で賄うかというのがあって、科学というのは抽象的だから、科学の中の2つを具体例で挙げればスピーチになる。論点も二つある。

その中で今までやってきた中で使えそうなものは何だろうと思って遺伝子研究と宇宙探査をやったらピッタリ1分59秒でできました。さらに自分の好きなテーマだから質疑応答もされやすい。

自分のグラウンドに持ち込んだら楽だし、全く間をおかずに喋り続けたから点数がもらえたのかなという感じです。

ー自分の土俵に相手を持ってくるということですね。それも、備えあれば憂いなしじゃないけど、Mちゃんの英検ノートを見せてもらった時に準備がすごいなと思いました。ポイントがきちんと整理されていて、いろんな分野の時の話題が網羅されてありましたね。

だから、最後は総合力ですね。その総合力を試験官の人たちにうまく披露できたということ。

どこから突かれてもそれだけのパフォーマンスができた。2次対策たくさん練習しましたが、1分考えて、ノートを取ることもできず1分59秒でその二つのポイントを盛り込んでで話すことができたというのはあっぱれですね。I’m so proud of you! 本当にグローバルな舞台に堂々と立つドクターになってほしいですね。

ー英語がMちゃんに与えてくれたものとは何でしょう?

英語は私にいろんなものを与えてくれたと思う。

一つに絞れないけど、大きく二つあげるとしたら、英語という存在があるから私の今までとこれからがある。

もう一つは、小さい時からずっとお母さんの膝に乗ってノートを取ってやってきたということがあるので、今でも反抗期が来た時も母親に対しては反抗できない。母がいなかったら今の私はないという思いがあります。

英語があるからありがたい。

ーエスタミネーでもいろんな親御さんを見るけど、本当にお母さんの思いがMちゃんをずっとサポートしてくるのを見てきました。人生ってチームワークだけど、家族の愛情や思いの力って本当に大きいよね。Not just you are an above average person, but you are an excellent person. Whenever I see you, you are practicing being excellent every day. That is the amazing thing about you.

それだけの知識を持って、Mちゃんはストップすることはないと思うので、ずっとexcellenceをさらに磨いて次の目標に向かっていくと思います。

アカデミックなものに真剣に取り組むだけではなく、アートや音楽や剣道、旅行などにも関心があって、さらに大学では癌になっている学生をサポートするというサークルにも入っていて本当に彼女を通して若い人の可能性の無限を感じます。

やろうと思ったことにいろんなハードルがあるけど、とにかく屈せずに目標達成までギブアップせずやり抜くということが大事ですね。Mちゃん、thank you very much and I am looking forward to the next interview with you!

*****

Success is not final.
Failure is not fatal.
It is the courage to continue
that counts.

 

 

 

2022年9月18日
Miwako's EYE

Screen Shot 2022-09-18 at 0.18.27

中学校の時にまだ長与ニュータウンの自宅で英語を教えていた頃から英語のレッスンに来ていたSayakiが里帰り中の忙しいスケジュールの中、長女ちゃんと寄ってくれました。

彼女が高校生になった頃私たちもカフェをオープンし、2Fが英語教室となり、留学準備のTOEFLを頑張りました。無事オーストラリアの大学に合格し、留学。そのまま素敵な彼と出会い結婚。現在は3児の母となり、オーストラリアで楽しくもたくましく暮らしています。

見た目はあの中学校の時と全く変わっていないね。
昔から淡々とマイペースでとっても魅力的。
先日も書きましたが、昔の生徒さんと「その後」を共有することは私の大きな喜びです!

Thank you so much for stopping by to see us! We were so happy to see you and your daughter.
Also thank you for the great gift of books and chocolate!

Screen Shot 2022-09-18 at 0.18.38

Screen Shot 2022-09-15 at 9.09.04

 

中1のT君が夏休みに3週間オーストラリアのメルボルンに留学したのでちょっとインタビューしてみました。

*****

留学を決めたのはどんな理由からでしょう?

ー現地の英語に触れたいと言うことと異文化を体験しに行きたいと思ったからです。

 ご両親からのアドバイス?それとも自分で決めたの?

 ー自分で決めました。

いつごろ留学しようと決めました?

ー小学5年生ごろで、親にもその頃言いました。

ご両親はOKしたんですね?

ーはい。

なぜオーストラリアに決めたんでしょう?

ー偶然です。期間とかタイミングがちょうどいいのがオーストラリアでした。

 オーストラリアはビザがいらなくてパスポートだけで入れるんですよね?準備として何かしましたか?

ーワクチン接種とか、海外保険。2回目以降に行く時にビザが必要になるので自分のパスポートと照らし合わせながら登録したりするのを自分でしました。

Was it easy?

ーNo. 結構時間がかかりました。

自分でやったと言うのは勉強になったね。あとは英語で話すのを練習しましたよね。

ーYes.

実際に行くときに、グループの人たちはいい感じでしたか?

ー高校生がほとんどでした。26人いる中で8人が中学生でした。日本全国から来ていましたが、長崎からは僕1人だけでしたがそんなに緊張はしませんでした。

オーストラリアではどこにいきましたか?

ーメルボルン。

印象は?

ー高いビルがいっぱいあって、長崎より大きな街で綺麗でした。

オーストラリアでは何をしましたか?

ー現地の小学生を前に平和のスピーチを英語で3分ほどしました。全部で3週間ぐらい行きました。ホストファミリーが金山に連れて行ってくれたり、Grampians 国立公園に行きました。滝があって、ハイキングしたり、とても綺麗なところでした。小学生と一緒にサッカーをしたり。体格が大きい人がいたけど僕の方がサッカーは上手だった。夜は、ホストファミリーと一緒にカードゲームや双六をしたり、話をしたりしていい時間でした。ホストファミリーはとても良くしてくれました。

朝ご飯は16日間毎日シリアルとミルクでした。お昼はパックランチを作ってもらうんですが、パンにチーズを挟んだだけというサンドイッチが毎日でした。ディナーは、すりつぶしたじゃがいも、肉、ちょっと野菜で美味しかったです。

Screen Shot 2022-09-15 at 9.42.14

何かお手伝いしたこととかありますか?

ーお茶碗を食洗機に入れたり・・・

向こうの家は、今自分が住んでいる家とどんなに違っていましたか?

ー向こうは冬でしたが、バスタブは基本的に使わない。シャワーだけ。家の中も土足で靴を脱がない。家はとても広かった。

その家のあたりの街の感じはどうでしたか?

ーサッカー場の広~い芝のところがいっぱいあってどこでもサッカーができるような街だった。

Is soccer popular there?

ーYes.  I played many times.

全体的な感想としては・・・

ーオーストラリアに行ってよかった!

次に留学するチャンスがあるとしたら、どこに行ってみたい?

 ーイギリスに行きたい。

Why?

ー英語の本場がイギリスで、また違う英語を聞きたい。できれば中3で行きたいと思っています。

同じ英語圏でも、文化の違いを見るというのはいいね!

*****

いつもレッスンには目を輝かせて来るT君。私が板書すると必ず席から立ってホワイトボードの前の私の横に立ち、ものすごく積極的にレッスンに参加します。前任の講師が言ったことや私がレッスン中に言ったことはしっかり覚えていて英語を学ぶのにとても意欲的です。

ネイティブ講師とのレッスンも同じでとにかく真剣に耳を傾け、できる限りの力で会話を続けます。中1で外国で平和について英語でスピーチをするなんて素晴らしい経験ですよね。将来の日本の素晴らしいリーダーになる予感!中3でまたイギリスに行きたいというのもいいですね。それをバックアップできる親御さんも素晴らしい。これからの彼の成長がとっても楽しみです。Keep the good work, T君!

 

 

2022年9月2日
Miwako's EYE

Screen Shot 2022-09-01 at 20.14.31

 

今日は以前エスタミネー教室に来ていた子たちが偶然寄ってくれました!2人とも小学生の頃から来てくれているので、すっかり美しい大人の女性になって本当に感無量です。

2人とも東京の大学に進学していて、1人は今もエスタミネーのオンラインで週に4日ニュースヘッドラインのディスカッションを英語で勉強しています。

N(写真左)ちゃんは大学でタイ語を専攻しています。
東京で一番いいことは?と聞いたら、なんとチアリーディングの部活が一番楽しいそう。チアリーディングとは、ダンスや組体操を組み合わせた団体スポーツで、大会で競うそうで、自分の大学のスポーツチームを応援に行く応援団とは違うようです。
TOEICは945点をマーク!素晴らしいですね!

M(写真右)ちゃんは教育を専攻していて、法学のクラスが一番面白いそうです。今まで勉強したことがない分野なので全てが発見でとてもおもしろい。また英語のコミュニケーションクラスでは、学年の壁を越えて他学年とのクラスでいい刺激になり、また英語をどのように楽しんで勉強するかかの授業が面白く英語のゲームなどを作ったそうです。東京の印象はとにかくどこに行っても人が多いということ。最近浅草の方に行ってまた古い東京を楽しんだそうです。

先生をやっていて何が嬉しいかというと、以前の生徒さんの成長を見ることです。
みんなの輝く目を見ると、その人生が充実していて希望に溢れているのがわかります。
本当にみんなと今も人生を共有できて幸せだな〜:)

Ladies, enjoy life! (girls からladies に変わっている・・・)

 

1 2 3 4 127

DubLi-Travel3-Japanese-300x250

Monthly archive