長崎・長与・時津方面で英語教室をお探しの方
2019年10月12日

Unknown

 

 

今月初めての試みでTEAPの集中講座をやっています。

昨年のTOEICの大学入試撤退の報道から、当校でも高校生でのTEAP受験者が増えていることから今回の特別講座開講の運びになりました。

TEAPとは上智大学と日本英語検定協会が共同で開発したテストで、「大学で必要とされるアカデミックな場面での英語運用能力(英語資料や文献を読む、英語で講義を受ける、英語で意見を述べる、英語で文章を書くなど)をより正確に測定するテストです」(TEAP公式サイトより)高校2年生以上対象で年に3回受験できます。

今までに受講した生徒さんに聞いてみると、ほとんどの子が受験前はスピーキングに不安を持っていました。みんな話せるけれども時間がかかったり、実際の試験官を前にして緊張して本来言えるはずである答えがうまく出てこないかもという焦りがありましたが、蓋を開けてみると全員がスピーキングが一番の高得点になっていました。

当校の受講生は全員が目指したCEFRのB2をクリアし、医学部受験などにも使えるということです。(注:CEFR Common European Framework of Reference for Languages: Learning, teaching, assessment:外国語の学習、教授、評価のためのヨーロッパ共通参照枠)

このB2というレベルは「自立した言語使用者」というレベルで、

「自分の専門分野の技術的な議論も含めて、抽象的な話題でも具体的な話題でも、複雑な文章の主要な内容を理解できる。母語話者とはお互いに緊張しないで普通にやり取りができるくらい流暢かつ自然である。幅広い話題について、明確で詳細な文章を作ることができる」

とCEFRのサイトでは書いてあります。

これは留学生試験であるIELTSでは5.5~6.5相当でイギリスやオーストラリアの大学進学可能、TOEFLでは73~94(アメリカの4年生大学に進学可能)、GTECでは1190~1349点、英検準1級〜1級ゾーンです。

現在TEAPを入学者選抜に活用している大学も数多くあります。
(参照:http://4skills.jp/selection/index.html)

秋田大、筑波大、千葉大、国際教養大、お茶ノ水大、名古屋大、大阪大、神戸大、岡山大、広島大、長崎大多文化学部、福岡大、西南大、立命館アジア太平洋大、明治大、上智大、学習大、東京女子大、中央大、法政大、青山学院大、早稲田大、立教大、立命館大、その他上記サイトをご参考にしてください。

IMG_1165

さて、今日のレッスンは特にグラフのリスニングとライティングに焦点を当てます。

グラフは意外とみんな上手で、ここは高得点をマークできるところなのでしっかりと点が取れるよう指導します。

ライティングはTask A(評論文を読み70語程度に要約)とTask B(2つの図表と2つの英文を読み、それらの論点と自分の意見を200語程度でまとめたエッセイを書く)があります。

要約文は慣れないと手強く感じますが、内容をしっかり把握しないと書けないので、ライティングだけではなく読解力も鍛えられます。また、本文と同じ文章を抜き書きして書くことはできないので同じことを別の表現で言うパラフレーズの練習にもなり、いいトレーニングになります。

☆TEAPの集中講座は定期的にやる予定ですので、ご興味のある方はエスタミネー英語教室のホームページの案内を見てくださいね。

Category
2019年10月2日

Yuki Nakashima-1 Sept. 2019 IMG_1123

 

We’ve had quite hectic 10 days teaching so many classes, doing English intensive courses, and participating two events involving cooking and lots of preparation. During that time, coincidentally so many old students came to visit us. It was the most precious moments for us!
この10日間通常クラス、集中クラスに加えて二つの仕込みと準備が大変なイベントをこなしましたが、同時に偶然にも多くの昔の生徒さんが訪ねてきてくれました。私のいちばんの大きな喜びはその昔小学生、中学生、高校生だったみんなの人生を長いスパンで見ることができ彼らの人生を共有することができるということです!
Thank you very much for visiting us Yuki, who was my first kid student about 25 years ago when she was 12, now lives in Mie; Haruna who just graduated from university in Tokyo and is heading on to an exciting international job; Sayaka from Chicago who studied for one year in Michigan when she was a high school student and went onto university and got her MBA (amazing!); Shiori who went to the university in the US, became a nurse and is now back in Nagasaki, Kazuya who was one of our very first students back in our humble small cafe near Nagayo station and was a table tennis champion of Nagasaki Prefecture, went on to study in Tokyo and the US; and finally Sataki who also started coming to Estaminet when she was 12, went onto a university in Australia, got married and is now a mother of three.
25年ぐらい前私の最初の子供の生徒さんだった今は三重県に住むYuki、東京の大学を秋卒業しインターナショナルなファッションの会社に就職が決まったHaruna、高校時代に1年アメリカのミシガン州に留学し、高校卒業後はアメリカの大学に進学して子供がいながらMBAまで取得したSayaka、高校卒業後すぐにアメリカの大学に行って看護師になり、今また長崎に住んでいるShiori、小中高と長崎県卓球チャンピオンで東京の大学進学し、その後アメリカの大学院に行ったKazuya、さらに私たちが12歳の時から通ってくれて高校卒業後オーストラリアの大学に進学して今は3時の母になっているSayaki。
Thank you very much everyone!! We really felt so great to see you all!
みんな時間を作ってくれて私たちに会いにきてくれて本当にありがとう〜! またね〜:)
Category Miwako's EYE
2019年9月29日

IMG_1086

 

怒涛のような9月もそろそろ終わり。
毎週土曜の夜に通常講座が終わった後に英検集中講座をやってみました。今回は英検2級(Nami担当)と英検準1級。

準1級受講の7名の高1から高3の子達本当に頑張り抜きました。

最初の日の初っぱなにちょっとレベルの高い英検準1級のボキャブラリーテストから始めたのは、他でもないみんなに「英単語を知ってないと話にならないよ!」ということの洗礼を受けさせるため。

リスニングの3パート全て、ライティングに必要なquick thinkingという問題を与えられたら速攻でmain ideaを決めそれのサポート・パラグラフのポイントをふたつ挙げ、結論を書くというトレーニングもやり、フルエッセイも書き、リーディングのツボ押しもやりました。

本当に駆け足でやりましたが、時間が足りなかった〜!(といつも集中講座の後に思う私です)

でも参加者全員がさすが英検準1級を目指すだけあって毎回真剣。宿題もぱっちりやってきました。

受講後アンケートでは、「リスニングが伸びた」という声が一番多かったです(嬉しい!)。あるコメントは「講師はアメリカンな感じ」とあり、「へぇ〜っ。」と私。「今まで会ったことが無い生徒さんと一緒にやってモーティベーションが上がり、もっと勉強しなければいけないと思った」という声も意外に多くありました。また、「間違っても安心できる環境」というのもあってそれも嬉しい感想でした。そうです。間違って大いに結構。まず間違ったということ自体、行動を起こしたということです。行動を起こさない人は間違いすらしません。

定期考査直前という人もいる中、一人も一度も欠席・遅刻せず毎回本当に真剣に取り組んだことは、絶対に英検だけでなく、これから人生で押し寄せてくるいろんな波もきっとうまく乗り切ってくれるだろうと、みんなのキラキラした目を見て確信しました。

私の本音。英語なんかさっさとハイレベルになって、本当にやりたいことに取り組んで!今実力をしっかりつけておいて将来必要な時は自転車に乗ろうと思ったらいくつになっても乗り方を覚えているように、英語もいくつになっても必要な時に自分の日本語レベルと同じレベルで話せるようになってね。みんな本気で今頑張れば絶対になれるよ〜:)

Wish you success in your Eiken exam!

 

IMG_1087

Category Miwako's EYE
2019年9月27日

IMG_1032

G君が英検凖1級に見事合格しました!おめでとう〜!!!

英検を受けて一番悔しいのは、何と言っても筆記試験に合格しているのにスピーキングの2次試験で不合格になることです。

G君は準1級の筆記は合格していたんですが2次の面接が不合格ということで今回2次対策を頑張りました。英検凖1級を持っていると大学受験にも優遇されるところもたくさんあります(参照http://www.fourskills.jp/preferential-treatment-eiken2019)。来年度からは英語は外部試験を使えるところも多いので彼のアドバイス役に立つと思いますよ!

彼のアドバイスはズバリ↓↓↓

何よりも大事なのは面接試験には少し遅く行くこと。

緊張している人を自分が客観的に見たら落ち着くことができる。

あまり早く行きすぎると自分が一番手になって前に受験している人を見ることができない。

ギリギリぐらいに行くと先に面接をしている人が並んでいて、先に面接されている様子を見てみんな緊張しているんだなというのを見て少し落ち着くことができる。

・・・ということで普段話せないことはないことが普通に話せなかった前回の失敗の原因は「緊張感」にあったんだということがわかりました。本当に緊張することで本領発揮できない場面ってありますよね。自分と同じことをしようとしている他の人の緊張を見て自分が逆に安心するという人間の心理を深くついたアドバイス、みなさんどうぞ役立ててくださいね!

ちなみに1次の筆記試験についても勉強法を聞いてみると、

ライティングは本当にしっかりたくさんの問題に取り組むこと(G君は9割ここで得点したそうです!)。

ボキャブラリーは特に試験前の数ヶ月は毎日毎日山のように覚えた。

とにかく語学の勉強はひたすら量をこなすこと、これですね。皆さんも目標に向かってとにかく量をこなしてみてくださいね!

Category
2019年9月10日

Today is Alibaba’s founder Jack Ma’s birthday. He gave some messages to young leaders at Davos World Economic Forum a while .

今日はアリババの 創業者ジャック・マーの誕生日です(ちなみに私も乙女座)。以下はこの間のスイスのダボスでのワールドエコノミックフォーラムでの若い世代のリーダーたちに向けたマー氏のメッセージです。

*****************

When Alibaba founder and CEO Jack Ma was a young adult, he applied to over 30 jobs and got rejected by all of them. Today, the 53-year-old’s e-commerce company is valued at $519 billion, although Ma didn’t start achieving career success until his 30s.

アリババの創業者ジャック・マーが若かった時30社以上に応募しましたが全て断られました。マーは30歳までキャリアでの成功はありませんでしたが、今日この53歳のeコマースの会社は55兆円 の価値があります。

“In life, it’s not how much we achieved, it’s how much we’ve gone through the tough days and mistakes,” Ma recently said to a group of young leaders invited to the World Economic Forum annual meeting in Davos, Switzerland. “If you want to be successful, learn from the other people’s mistakes, don’t learn from the successful stories.”

「人生ではどれだけ業績を残したかではなく、どれだけ大変な日々を送りどれだけ間違いをしたかなんだ。」マーはスイスのダボスでのワールドエコノミックフォーラムの年次大会で招待された若いリーダーたちに言いました。

As an alum of the Young Global Leaders network, Ma shed light on what the room of young adults should focus on within the next 30 years.

ヤンググローバルリーダーズネットワークの卒業生としてマーはそこにいた若者たちに向こう30年の間に何に集中すべきかについて薫陶を授けました。

“When you are 20 to 30 years old, you should follow a good boss [and] join a good company to learn how to do things properly,” Ma said.

「20歳から30歳の時は、良い上司に従い、良い会社に入り物事を正しくなすことを学ぶ」

“When you are 30 to 40 years old, if you want to do something yourself, just do it. You still can afford to lose, to fail,” he added.

さらに「30歳から40歳の時は、何か自分でやりたかったら、やってみろ。まだ失敗してもいい年齢だ。」

Soon thereafter, though, Ma recommended that people start prioritizing stability, family and the future generations.

しかしマーはそのすぐ後に、安定、家族、そして次の世代のことを最優先にすることを勧めた。

Instead of diving into a new field or subject toward the later years in your career, he said, “when you’re 40 to 50 years old, my suggestion is you should do things you are good at.”

新しい分野や、またはあなたのキャリアの新しいことに飛び込まないで、「40歳から50歳の時は、私の提案はあなたが得意なことをするということだ」と言う。

“When you are 50 to 60 years old, spend time training and developing young people, the next generation,” Ma added. “When you are over 60 years old, you better stay with your grandchildren.”

「50歳から60歳は、若い人たち、次世代の人のトレーニングや成長に時間を使いなさい」さらに、「60歳以上なら、孫たちと過ごすべきだ」

*****************

いろんな辛酸を若い頃に舐めたマー氏ですが、若い時の失敗は糧になる、正しい仕事の仕方を学び、自分でやりたいことがあったら取り組みなさい。そして得意なことをしっかりやったら、次世代を育てましょう、というメッセージ。共感しますね!

Category

1 2 3 4 113

DubLi-Travel3-Japanese-300x250

Monthly archive