長崎・長与・時津方面で英語教室をお探しの方

Screen Shot 2022-03-17 at 11.32.31

 Congratulations! Iちゃん:)お茶の水大学合格おめでとうございます!

「大学では、心理学を勉強する予定で、臨床心理士の資格を取りたいと思っています。」
と語ってくれたのは、小学校からエスタミネーに来てくれているI ちゃん。

小学生低学年の時から、子供向けの精神疾患をわかりやすく説明した本が近くの図書館にあってそれをよく読んでいたそうで、それが心理学の道への原点になったそうです。

 Iちゃん曰く、

そこには、ADHDなどについて子供向けにわかりやすく書いた本があって
それが意外と好きで読んでいました。

どうしてその分野に興味があったかは定かではなけれども、たまたま手に取って

こんなのあるんだなあと思って読んでいました。

それ以来心理学にずっと興味がありました。

実は今は本当にやりたいと思って心に温めていることが別にあるのですが、それは勉強すればなれる、資格を取ればなれるというものではありません。

ちゃんと手に職をつけたいという思いがあって、

心理学という学問に進もうと決めました。

 

ーお茶の水に決めた理由はなんでしょう?

 

その理由の一つが、

本当にやりたいことをやるのに東京に行きたい

ということがあって

まずは東京の大学に進学しなければということがありました。

 

それから、中3の時に本当にたまたまニュースを見ていて
「お茶大トランスジェンダーの入学を受け入れる」

という報道をみて、

進んでるなあと思いました。

自分がそういうわけではないけれど、

単純に女子大というプライドがある中で
そういうところも柔軟性があるなあと思ってお茶大を調べたら、
たまたまその時に

心理学部を2年後ぐらいに開設すると書いてありました。

 

学科としては当時はなく、

おそらく今年初めて4年生の卒業生が出ると思います。

高校の時はず~っと第一志望はお茶女でした。

ーお茶の水の入試のことを聞いてみました。

2次試験は2科目のみ。

共通と2次試験が1対1。
そのままの点数を使い、圧縮はしません。

 

今年じゃなかったら私は多分落ちていたと思います。

というのも今年の共通テストが、すごくすごくイレギュラーな年で···
数学が特に。

私はもともと数学がよくなくて、
いつも取れないから本番中にいつもと違うことにすらに気づかないくらいで、
実際に蓋を開けてみたら
みんながめちゃくちゃ悪くて
私の悪さが目立たなかったということになっていました。

東大に受かった友達が
数学が終わった後の昼休みの時に数学ができずに泣いていたんですが、
私はいつも通り悪いから平気でランチを食べてました。

私はいつもの取れる時ぐらいの点は取れていました。

 

英語の問題は普通にやればできるかなという感じでした。

 

いつもと同じぐらいの手応えかなあという感じ。

 

英語は85%、国語は90% 取れていました。

自分の得意なところでちゃんと取れて、
苦手ななところが今年度の傾向で目立たなかった

という結果になっていました。

 

ー後輩にお茶女に行きたいとか、

共通テストをうまく切り抜けたい

とかいう人に何かアドバイスはありますか?

世界史は3年生の11月ぐらいから年号を必死で覚え出しました。
そうしたら、共通テストものすごく点が取れるようになりました。

自己採点だと世界史も9割取れていました。

英語でもそれが言えて、
もともと学校でやっていたものの知識もあるけれど、
パス単準1級を本腰を入れてやり始めたら、
結構読みやすくなりました。

それは、共通テストというより2次テストで感じました。

「あ、読める!」というのを実感したんです。

「単語はすべき!」と本当に思いました。
一番地味な作業だけど、あれが一番効くんだなと思いました。

単語をやって、知らない単語があったときに
それが長文などを読んだ時に、
本当に繋がる瞬間があるんです。

今まで読めてなかったことが、
読めるぞ~という瞬間。
感動!

今、試験が終わってだいぶん飛んでしまったけど、
単語はやるべき!

否が応でも英語は学び続けようと思っています。

ー10年後のIちゃんは何をやっているんでしょう?

ー何をやっていたい?

仕事である程度自己実現を果たしたいと思っています。

「共通テストで点を取れているからって気を抜くと本当にやばいよ」

これは私からのみんなへのメッセージ。

私は共通テストでは、かなりいい方で
東大の足切りもかからないぐらいの点数であるということが判明して、
普通ならそんなことにならないので、
それで結構油断しました。

共通テストが終わっていい点取れていいなと思っても、
2次試験が終わるまでは最後まで本当に気は抜かない方がいい。

そこがゴールのような気分になると本当にやらなくなるので、本当にそこが終わりではないんです。

本番は、その後1ヶ月あるということ。

 国立で2次が2科目だけというのも相当珍しい大学です。

英語と国語が得意な人は狙っていいと思います。

*****

やはり英語の最後の勝負は「単語」ですね。
Iちゃんの地味だけど、一番効くというメッセージ本当ですね。
エスタミネーに学びに来ているプロの臨床心理士の方も、世界のコンフェランスなども出席されています。
英語は自分の将来のいろんなことにつながっています。

自分流のスタイルが常にクールなIちゃんで、
ここぞ、というときはいつも気合がありました。

誰も知り合いがいない東京ですが、
期待もいっぱいの東京生活のようです。

ぜひぜひ本当に自分がやりたいことで自己実現してね!

You CAN have it all. You just can’t have it all at once.
-Oprah

Screen Shot 2022-03-08 at 0.50.43

 

中学校からエスタミネーに通ってくれたRちゃん、見事宮崎大学医学部に合格しました!
Rちゃんとのレッスンは、楽しい思い出がいっぱいです。

 

今回の合格への道のりを尋ねてみました。

なぜ宮崎大学に決めたかという質問に、
まず成績を見て、受けれそうな大学を絞ったそうです。

元々は、1,2年次には一部の科目を除き全ての授業やディスカッションが英語で行われる千葉の国際医療福祉大に行こうと思っていましたが、ちょっと難しそうでした。

 

親は大分にいたけれど、大分大は入試に得意ではない物理がありました。

宮崎県にいる医師を偶然知っているということと、
大学の2次テストなど難しいのは苦手で、

共通テストのような基礎的なものは強かったというのもあり、
最終的に志望校を宮崎大の推薦入試に決めました。

そう決めたら、推薦入試に集中し、
3年生の6月には2次テストの勉強はやめて共通テストに集中しました。

たまにはYouTubeや映画も見ましたが
共通テストに向けて集中して勉強しました。

 

学校推薦をもらうにはいい成績でないとだめじゃないのかと私が聞くと、

よくわからないけれど、高1の時はものすごく頑張って勉強し

高1の評定はとても高かったと言います。

 

2年生になると少しづつ成績は落ちてきたもののそこそこよかったそうです。

 

それで、宮崎大学の推薦試験はどんなものだったか聞いてみました。

 

第1段階 は県庁であって、県庁職員と、生徒4人とのディスカッション。

紙が2枚あって、1枚には質問が書いてありました。

自分が医師として2年病院で働いていると想定して、

「コロナの患者がたくさんいて、医師やナースなどが大変疲労している。
あなたは病院のコンディションを変えたいと思っているが、何をするべきでしょう?」

 

5分間考えて、その後生徒ひとりひとりが自分の意見を1分で話します。

それから10分間グループでディスカッションがあり、その後5分間で考えをまとめ

最後に、ひとりづつ再び1分間自分の考えを述べるというものでした。

 

第2段階は1ヶ月後 に宮崎大学医学部でありました。

教授3人対自分で、10~15分の面接が2回ありました。

1回目は、教授からたくさんの質問がありました。

例えば私は女性なので、
「今日女医が多くいるが、女医は結婚、出産などでやめることがありますが、宮崎は医師が足りません。女医に早くやめて欲しくないと思っていますが、あなたはどうしますか?」

「私の母は子供がいて働いていました。

私は覚えていないけれども、母はたくさん働いていました。
子守の人がいて、私は楽しかったです。私も将来子供がいたら、四六時中子供といる必要はなく外部の手助けを頼めばいいと思います。」

 

学校のことも聞かれました。

「楽しかった思い出はなんですか?」と聞かれ、「ソーラン節をやったのは楽しかったと答えました。」

 

2度目の面接は簡単でした。

教授が3人いて、共通テストとセンターテストの違いを聞かれました。

共通テスの方が思考力がより問われたように思ったと答えました。

ということで、Rちゃんはすごく詳しく話してくれ、無事合格を果たしました:)

本当におめでとう!

 

Rちゃんに、なぜ英語を勉強しているのか聞いたら

「英語が好き。ハリウッドやディズニー映画が好き。

英語で見るのに役立ちました!」

 

医学部を目指す後輩への言葉として、
「自分は2次のテストを受けたくなかったので、共通テストにフォーカスしました。自分の実際のレベルを理解し、注意して勉強の方向を決めたらいいのでは。」

 

大学で楽しみにしていることは?

「コンピューターに長けたい。」ということです。
いろんなアプリを使ってちゃちゃっと友達のバースデーのビデオを作ったりと、デジタルネイティブ時代の子ですごくクリエイティブなことが上手なRちゃんですが、楽しんでコンピューターテクノロジーのさらなる高みを目指してくださいね。

 

英語に関しては、ゆくゆく外国の大学で医学の勉強したいということなので、ぜひぜひ実現して欲しいと思っています。

私とは5時間スピーチ集中トレーニングでは英語でニュースキャスターをやったり、地元のPRをやったり、通常のレッスンではTED TALKや Scientific American、 CNN、 BBC、いろんな英語の歌を歌ったり、英語のビデオから話が広がって様々な話題を語り合ったり、本当に盛り沢山な内容で中学校から高校まで素敵な笑顔とたくさんの笑いの時間を共有しました。宮崎に行っても私とのレッスンはオンラインで続けてくれるということなので、次の私たちの英語時間もとても楽しみです。

Rちゃん、本当におめでとう!次なるステップ大いに楽しんでください。
Have a fantastic university life:)

 

Screen Shot 2022-03-08 at 1.05.40

 

先週末と今週末は第2回プロジェクトベースラーニングの
パブリックスピーチトレーニングをやりました。

簡単そうに見えることでも、
実際に人の前で話すことは日本語でも大変です。

それを英語で取り組みました。

いろんなお題を、シンプルなスピーチから、
少しづつ広げていって
何度も練り直し
深みのある自分自身のオリジナルスクリプトを作成し

アイコンタクトを忘れず、ジェスチャーも交えて
ただ話すのではなく、
人に自分の想いが伝わるスピーチができました。
(「50人前にいるよ〜」と私は叫ぶ)

短時間の間のみんなの成長ぶりに
目がうるうるしそうな私でした・・・

Fantastic job, everyone!

*プロジェクトベースラーニングとは、

生徒たちが自らアクティブに課題に取り組む学習を通して、
チームワーク力や創造的発送、深い思考力を培い
自らの潜在的な力を発見し自信をつけていき、
英語力だけではなく問題解決へのアプローチを学ものです。

みなさんもぜひ次回参加してみてください!
新しい自分発見!

Screen Shot 2022-03-07 at 0.45.46

 

英語を読んで、聞いてわかるだけの時代は終わった!
グローバルレベルの英語のアウトプット力を鍛えよう❤️

*****

みんな学年末考査も終了して、英検Writing 集中講座が始まりました。でもティーンエージャーは忙しい。準2級、2級、準1級と開講していますが、受講希望者みんなのスケジュールがなかなか噛み合いませんでしたが、新学期の忙しくなる前に少人数で多くの講座を開講することになりました。

さて土曜日に頑張ったのは、準1級のライティング。

アウトラインの組み立て方、そして教育分野に関しての語彙や表現力の強化をしました。考えたトピックは、オンライン教育のいい点や良くない点、高校生の授業に資金管理という科目を増やすべきか、留学の是非など、みんなトピックに関して資料を読み考えを巡らせ、様々な意見を書いてみました。結構いい意見が出てきましたね〜。

また、英語のエッセイでは、同じ表現や言葉を何度も使うと稚拙な文章だと評価されます。
質の高い文章にしていくために、語彙運用力を高めるドリルをやって自分が言いたい表現をさらに味にする技を学びました。

全員真剣に取り組みあっという間の時間でしたが、今日の目的はみんなしっかりクリアしました:)

Good job, everyone!

IMG_4237

 

小学校1年生の時の小さな体に赤くて大きなランドセル姿がとっても印象的でいまだに私の目に焼き付いているRちゃん。見事に超難関の東京医科歯科大学医学部医学科に特別推薦で合格しました!おめでとう!!

聞くところによると、11月に全国から学校推薦で45人選ばれ、第1回の推薦試験で18人に絞られ、さらに12月の最終選考試験で5人しか選ばれないという難関試験の最後の5人に残ったというから本当に素晴らしい!

そこで東京医科歯科大学の特別選抜試験とはどんなものか聞いてみました。

Nature誌とかの医学論文をどんどん素早く読むことが求められるそうです。実際は、90分の間に60ページのNature誌の英語論文を読み、2問出題され、その問題にA4の用紙1枚づつに日本語で書いて答えるというもの。

通常の大学入試の英語問題は、80〜100分ぐらいの間に5〜20ページに3〜6問ぐらい設問があって答えるというものが主流ですが、それとは全く異なり、60ページぎっしり詰まった医学論文を90分で読み、さらに問題に答えるというのは全く別のトレーニングが必要です。

このトレーニングはかつて医学部で教鞭を執っていたLuc先生とやりましたが、論文は読み方を教えてもらったら要領がつかめたということです。論文に出てくる語彙などは先生に教えてもらたっものもあるし、自分で何回も読み直して結構似たような単語が出てきて、病名の単語には規則があるのでそれで覚えていくことができました。また英語の生物用語は好きで、偶然選んだゼミが生物選択が一人だったこともあり、ラッキーなことに学校の生物の先生から1対1で教えてもらっていたそう。

日本語の小論文は60分で結構問題数も多く医学関連の内容からそうでないもの、グラフを読み取るものなどありましたが、比較的常識的な問題でした。

次の試験は、グループ面接。6人の高校生と5人の教授で構成され、まずある資料を渡され10分ほどそれを熟読します。その後そのテーマに関してヨーイドンで6人で討論するように言われます(日本語)。それが大体20分ぐらい。Rちゃん曰く、今回の問題はコロナ関連の遠隔医療に関してで、ほとんどの受験生が関東圏の子だったけれど、長崎には離島があり長崎県出身者にはこの問題は身近な問題でもあって色が出せたかなと思ったそうです。

その次にあるのが個人面接。教授5人に対して受験生1人という状況で結構圧迫感あり。聞かれた問題の一つは「日本には女性のリーダーが少ないけれどもあなたはそれに関してどう思いますか?」「君はどうなりたいの?」などなど。

東京医科歯科大学へ進学したい人へのアドバイスは、自分が興味がある分野の英語の文献を読み慣れておくといいと思う。そうしたら、理科も学べるし、英語も学べるので一石二鳥だと思います。

東京医科歯科大学を選んだのは、最初の動機は東京ドームが近いー>いろんなコンサートに行ける!ということからだったそうですが、やりたい研究があったー>細胞内の機構を勉強したくてそこにはその世界の権威の教授がいるからということです。

このインタビューをしている数分の間にもRちゃんからのエネルギーがビンビン伝わってきました。好きなことがあるというのは本当に素晴らしいことですね。そのパッションがあれば、勉強の仕方も自分で勝手に工夫するし、大変だけど先に行くのが楽しいですよね。そして今回のようなマイルストーンを迎えることで達成感もあります。進学先では全国から来た学生たちや、その環境にいる全ての人や物や出来事からさらなるインスピレーションやモーティベーション、ディターミネーションなどが生まれてくるでしょう。
Congratulations!!

東京医科歯科大学の基本理念に「知と癒しの匠を創造し,人々の幸福に貢献する」とあります。素晴らしい匠になってくださいね!

You have amazing potential and are one smart cookie! You’re going to make a real difference in this world, just by being you!

 

 

 

 

1 2 3 4 5

DubLi-Travel3-Japanese-300x250

Monthly archive