オンライン・長崎・長与・時津方面で英語教室をお探しの方

Screenshot 2024-03-14 at 21.05.30

 

佐賀大学医学部合格おめでとう!!

4歳から14年エスタミネーに通ってくれたK君が、代々医者の家系で自分もずっと医師を目指していたということで、4月から医学生になります。

Screenshot 2024-03-15 at 1.43.40

 

 

                    (小学校の時のサマーキャンプで)

いつ頃佐賀大学に行こうと決めましたか?

「9月に推薦をもらってその時は佐賀に行くか一般試験で他の大学に行くか悩んだけれども、親と話して佐賀大学に推薦で受験することにしました」

ご両親は何と?

「 一般よりも推薦の方が可能性が高いんじゃないかと言われ、佐賀を受験しました」

さて、佐賀大学医学部の推薦試験はどんな試験だったんでしょう?

「最初に和訳の問題がふたつあって、問3で筆者の意図を医療に取り入れることに関して800語書くというもので、これを全部やるのに90分」

これは私ともたくさん練習をしました。

試験の後、できた感はあった?

「今まで練習した時は時間内にできなかったけれども、今回はメインが小論だと考えて、和訳にあまり時間を使うのをやめたことでどんどん800字かけました。内容はあまり自信はなかったけれど、書き切ったという気持ちはありました」

本番強いね。

その後面接が10分あったということですが、聞かれたことは覚えている?

 「一番印象に残ったのは、やはり地域医療について聞かれた時に、現在の地域医療のどんなところに興味があるか聞かれて、僕は医師の偏在化が深刻な状況にあることを言ったところ、ではその対策にはどんなことができるか教えてくださいと聞かれました。最初は、ありきたりな、実際に学生がそこに行ってみて、そこで働いている人の現状を見て、行きたいという気持ちが芽生えるのではないかと言いましたが、『でもそれでは行かないんだよ、どうしても行かない人が多いんだよ』と言われました。

 そういうことをしてもみんな行きたがらないということが印象的で、その後の答えは、医師の収入を上げればいいんじゃないか、と言ってちょっと回避できましたが、長崎や佐賀など地域医療に関して問われるかもしれないときはもっと深く準備をして臨んだ方がいいと思いました」

あまり緊張しなかった?

 「結構緊張しました。面接官は3人いて、一人づつから質問されました。

 そのほかに自分の長所と短所を聞かれましたが、それは学校でちゃんと練習していました。

 それから、佐賀大学は、良き医療人を育成することを目指しているとおっしゃって、『良き医療人』とはどういうことかと聞かれました。

 僕は、当たり前のことですけれど、患者さんは不安を抱えながら病院に行くことが多いので、私たちが提供しようとする治療を拒む方もいるかもしれないし、説明を聞いてくださらない方もいると思うけれど、そういう方々に少しでも安心していただけるようにわかりやすく丁寧に説明することが医師として大切だと思うとと言って、私は患者さんに寄り添うことが良き医療人だと思いますと言いました」

終わった後は、やった感あり?それともまだどうなるか不安だった?

 「共通テストが80%取らなければならなかったので、結果発表まではかなり時間がかかりました」

 共通テストは、英語のリスニングが結構簡単で90点を超えて、リーディングは難しかったんですけど、80%は取れました。今回は難しかったのでリーディングでみんなに差をつけれられたと思います。

 他の科目も全て80%以上はクリアしました」

 受験生へのメッセージ、アドバイスは?

 「1番は絶対諦めないこと。僕も本番までは直前の模試とかも、全然点数が上がらなくて、12月に上がるかなと思っていたけど、上がるどころか逆に落ちたこともあったので、精神的にとてもきつかった。でも信じて頑張り抜きました」

 英語に関して言えば、何か勉強の仕方なり、取り組みなり何かみんなに進めることはありますか?

「 子供の時からエスタミネーでネイティブの先生のレッスンで聞いていたし、英検なども小学校からやっていたのでリスニングは得意分野になりました。リーディングは文字になれるというか、量が多いのでどれだけ早く読めるかということと基本的な単語を覚えて模試対策をしたらいいと思います」

推薦試験を受けていて共通テストも悪くなかったけれど、2月半ばの発表まで一般入試の対策のため詰めを甘くせず休まずレッスンに通いました。

ちょこちょこした幼稚園の頃から、小学校の時はハロウインパーティや、サマーキャンプなどの行事にも積極的に参加して、いろんな国のネイティブ講師に教わりました。

受講後のアンケートでは、英検の集中講座がとても印象に残ったそうです。

小さい頃は友達とグループレッスンで楽しく英語に親しみ、受験生になってからは個人レッスンで細かく自分の必要なことに集中して実力を伸ばしてきました。

部活では、陸上部で、駅伝などにも参加し、長距離レースに耐える体力と精神力も持ち合わせています。

 

ほとんどレッスンを休まず、この粘り強さがあったら、これから医師へ至る道、そしてさらにその後の長い道のりもしっかり歩んでくれることでしょう:)

“All we have to decide is what to do with the time that is given us.”
–J.R.R.Tolkien

IMG_2865

Congratulations!

この4月から、日本にいながらにして学生の50%が海外からの留学生という超グローバルなキャンパス、立命館アジア太平洋大学アジア太平洋学部で学びます!

とにかくとっても素直で、どんな課題を与えても積極的に取り組んだR君。人の前で語るパブリックスピーチのも果敢に取り組みました。

Screenshot 2024-03-11 at 2.14.56
R君曰く、「大学では世界の政治や経済、さらに環境など幅広く学びたいと思っています」

 聞いてみました「卒業したらみんなどんなところに就職するんだろう?」

 「日本の王手企業に就職する人もいれば、世界で起業したりいろんな人がいる」

 この大学を選んだ理由は?

 「一番はあらゆる国から来た人がその大学に集まっていて、いろんな文化や考え方を一気に学べて、日本にいながら留学しているような感じだから」

アジア太平洋というくらいなので、中国、韓国、東南アジアから来ている人たちが多いそうです。

 いつ頃ここに行こうと決めたんでしょう?

 「高1ぐらいからこの大学をターゲットにしていたけれど、高校2年生ぐらいから自分の実力とのギャップだとか学費が高いということで諦めそうになったけれど、やはり最終的にそこに行こうと決心したのは海外の人と交流したいと思ったから。

 今聞いているところでは、1年生で選択で韓国に行くことができる、自分としてはヨーロッパとかも行きたいと思っているけれど、アジア太平洋というのが看板なのでその選択肢は少ないかもしれない。

 もしヨーロッパにに行けるとしたら、イギリスとかフランスに行ってサッカーを見てみたい」

夢は広がりますね!

 学校推薦で入ったそうですが、その内容は?

 「夏休み明けに推薦対象の人向けの試験が学校でありました。国英数の試験で、無事推薦をもらえました」

 志望理由書と別にAPUに入って何がしたいかという1200文字ぐらいの課題があり、また英検2級を持ってなかったのでオンラインでプレゼンテーションの動画を作るというのがありました。最初動画のことを知らないで、提出日の3~4日前に先生から言われびっくり。たまたまその時に熱を出していて、本当にやばかったそうです。でも頑張って動画のプレゼンを完了させ、無事審査にも通り合格が決まりました。

その動画にはどんな内容を入れたの?

 「高校で頑張ってきたことと、それを生かしてAPUでどう頑張りたいか」

 高校で頑張ったことは何?

 「探究学習で、東南アジアの子供達にバランスの取れた食事を提供するというテーマでグループワークをしていて、その内容を少しビデオに盛り込みました」

その動画は何分ぐらい?

「5分ぐらいでした」

 パワーポイントなども使い、熱を出した中頑張りました。

たまたま対面でもオンラインでも面接がなく、オンラインで動画を提出するだけだったそうで、そこのところは他の大学と少し違うようです。

実際に合格が決まったのは12月で、お正月は気分が良く過ごせたそうです:)

 後輩へのメッセージとしては、

「自分は高1高2の時は部活で忙しかったので、あまり受験のことに力を入れていなくて英検2級が間に合わなかったけれど、やはり英検2級まで早めに取っておくと有利だと思います」

 大学での目標は、まずは4年間で卒業できるように単位を落とさずにきちんと頑張りたいということです。

 「サッカーが大好きだけどスポーツはなんでも好きなので、何かスポーツもしたい・・・

 大学の留学プログラムは、アジア圏以外もあるけれど充実しているのはアジア圏内なので、

 AIなどが先端を行っている中国なども行ってみたいなぁ」

おそらく彼の心の中は、今ある環境とあまりにも違った世界中からきた学生とのワクワクする学生生活でしょう。

将来は教師になりたいと思っているそうです。彼なら素晴らしい先生になること間違い無しです。人当たりがとても心地よく、真剣に問題に取り組む姿勢が素晴らしく、また最後には、このメッセージをくれて心キュンとなりました。

「丁寧に教えていただき英語の学び方だけでなく、世界の人々の考え方や卒業生の業績などたくさんのことをお教えていただきました。本当にありがとうございます。

そして今度会う時はもっと自分の視野を広げて全部英語で会話できるようにがんばりたいと思います!
先生お元気で❗️
これからもよろしくお願いします」

“You don’t have to be great to start, but you have to start to be great.” –Zig Ziglar

 

Screenshot 2024-02-06 at 23.39.12

 

しばらく前に、Yちゃんのことをレポートしたことがあるんですが、Yes, indeed, in two weeks she’s going to Austria again to study!

前回オーストリアのGraz という町に仕事で半年ほど住んで、オーストリアの文化、動物に対する扱い、食べ物などなど大好きになったYちゃん。

英語で毎日働くという環境もとっても刺激的で、おそらくすごく自己成長を感じたことと思います。

帰国した時に、またぜひオーストリアに行きたいと話していましたが、本当にしっかり計画していたんですね。

ついに実現!!

それも、ウイーン大学の修士課程に行くことになりました。

なんと素晴らしい!

授業は英語がメインだそうですが、もちろんドイツ語も勉強します。

8年ぐらい前に、Yちゃんが大学生の時に1年間メキシコに留学したことがあります。

DSC02085 DSC02103

 

                                                                (写真↑ メキシコの大学で)

その年私は、エスタミネーの卒業生を訪ねる旅と称して、世界9カ国、南半球・北半球11都市を回りました。

アメリカのニューヨークから、ロスアンジェルス、その後にメキシコのグアダラハラへ行きました。

当時Yちゃんが通っていた大学のキャンパスを訪れ、どうやって今の自分に至ったかやその時の思い、英語の重要性などを語ってもらいました。

さて、今度はヨーロッパへ・・・

行動したものだけが得ることのできる、本当の自分が求めているものへの道へのパスポート。

自分が、これだ!と思ったものへ進んでいくことってとっても大事なことだと思います。

そういう瞬間瞬間の想いや決断が、将来のなりたい自分を作っていくのだと思います。

できたら、オーストリアへ会いに行きたいなぁと思っています。

先日お知らせしたイタリアへ行っている生徒さんもいるし、本気でヨーロッパへ行くことを考えよう。

小学校からのお付き合い。

小学校の時から、全くブレない自分を持っていました。

大学入試前も土曜日の一番最後のクラスで、他のみんなが帰った静かな教室で二人で頑張りました。

成人式には、素敵な着物と超カワイイ髪飾りをしてわざわざ私に会いに来てくれました。

CIMG1133
今回、お土産をいくつかもらったんですが、そのひとつ、メキシコから持ってきたという特別な思いがあるFrida Carlo のお人形さん。うちの他の国からお人形さんたちの中でしっかり笑顔で収まってくれています。

Yちゃんのことを見守っている誇らしげなお姉さんのようです。

IMG_2656 2I am wishing you the best!

All our dreams can come true — if we have the courage to pursue them.

– Walt Disney

Screenshot 2024-01-26 at 10.48.33

留学準備をコツコツしてきたAちゃんがいよいよ今日、イタリアに飛び立ちます。

「留学をしたい」と思った瞬間から、本人の心の中ではいろんな思いが飛び交いますが、まずは英語の留学生試験を突破しなければなりません。

彼女はIETSという試験対策を週に1時間ネイティブ講師とライティングとスピーキング、1時間私と一緒にリーディングとリスニングを、学業とバイトで忙しい時間の中で本当に頑張りました。

Aちゃんの勉強に取り組む姿勢を見て、彼女の素直で謙虚で、粘り強い性格がよく見て取れました。

高校の時は、バスケットの強豪校の選手だったそうで、なるほど!と思いました。

厳しい練習に耐え、自己鍛錬ができる者しか強豪校の選手にはなれません。

しっかり留学生試験準備にも取り組み、最終的に希望点数を満たしました。

大学側のサポートがしっかりなかったようで、ステイする先を探したりビザの問題など最後まで勉強以外のことで大変な思いをしましたが、なんとか今日にこぎつけました。

さあ、あとは向こうの大学でしっかり勉強して、素晴らしいイタリアの文化を感じ、物事を新たな観点から見ることを学び、次の人生航路方向を見つけて欲しいですね。

今月は、もう一人研修試験の質疑応答とプレゼンの準備をした生徒さんがアメリカのニューヨークに3ヶ月医学研修に行き、東京の大学に進学した子がタイの大学に留学します。

留学は、life changing な経験になること間違いなし。みんな本当に楽しんで欲しいです:)

“All dreams are within reach. All you have to do is keep moving towards them.”

–Viola Davis

 

 

Screenshot 2023-12-22 at 22.29.27

Mちゃん、北九州大学外国語学部合格おめでとう〜!!!

何事にも人の何倍も努力するMちゃんなので、第1志望の大学に合格したことは私も格別に嬉しいです。

推薦試験を受けたのですが、内容を聞いてびっくり!

まず、英語の講義を聞いて、その後その内容を短時間で小論文にまとめます。その後、その内容に関して英語で面接がありました。高校生にとっては、ちょっとハードルが高い内容でしたが、本人は、面接の時に合格を確信したそうです。

大学に入学したら、英語以外の外国語を受講しなけらばならないそうですが、何を選択するか聞いたら、今考えているのは、中国語か韓国語という答え。とても将来役に立ちそうですね!

他に大学生活で楽しみにしているのは、友達と過ごす時間とアパートでの生活。そうですよね。私も思い返してみると、大学時代の友達との時間は濃厚でした。一人で生活することも含め、いろんなことを経験して欲しいですね。

さらに、小さい時からコーラスやピアノをやっていたMちゃん、合唱のサークルにも興味があるそうです。音楽は心の泉ですよね。楽しい時間になること間違いなしですね。

Mちゃんに、彼女の英語ジャーニーを振り返ってもらいました。

幼稚園の時に英語を始めて、それがすごく楽しかったそうです。

小学校の時から、公文に切り替えてプリントを早く終わらせて頑張ったそうです。

中学校の時は3年先まで終わっていて、発音も先生からすごく褒められたそうです。

当然学校では、英語は得意科目になりました。

高2の時に、ウェブで北九大のことを知り、ここに行こうと目標を定めたそうです。

そのため、高2の時が英語学習で一番努力して、英検やボキャブラリー増強など頑張りました。

後輩へのアドバイスを聞いたら、

・志望校は早めに決めておいて、その大学が求めている人材の能力を調べる

・持っている資格の分だけ自信がつくし知識もつくので資格は取れたら取っておく

・何よりも自分の好きなこと(英語)を失わないこと。

Mちゃんは、英語があったから、力が出て粘り強く頑張れたそうです。

現在は、私とTOEIC に取り組んでいて、さらなる目標に向かっているMちゃん。高校生にしては、すでに高得点をマークしています。

 It is our choices, that show what truly we are, far more than our abilities.
     – J. K. Rowling

(自分が何を選択するかということが、自分の持っている能力以上に真の自分を投影している)

 

1 2 3 4 5 14

Monthly archive