長崎・長与・時津方面で英語教室をお探しの方
2013年2月28日
Miwako's EYE
きのうは高校3年生のfarewell女子会でした。
多くの子たちは小学校、中学校から来ているので
私も自分の娘のようにかわいいです。
お別れのパーティをしようということになったときに、
水曜のグループレッスンの子たちから以前やったRoast Chickenを
ぜひもう一度やりたい!食べたい!とリクエストがありました。

月曜に国公立の試験が終わったので、後期を受験する子もいますが、
みな卒業前の比較的解放された面持ちで
午後3時くらいからぞくぞくと集まって来ました。
中に詰めるバゲットをキューブに切ってオーブンに入れたんですが、
次の工程の野菜を切るのに夢中になって、バゲットは焦がしてしまいました。
Sorry!
ということで、チキンの中のスタッフィングはタマネギとセロリだけ。
チキンにローズマリーバターを塗ってオーブンへ。
その間にサラダとマッシュドポテトの用意をします。
 おにぎりも作っておこう!でもいい加減おなかすいいてきたよ〜。
そして、みんなからのもう一つのリクエストがSamとやったSpaghetti Tower.

It was really fun!!
水曜の4人を除いてはみな個人レッスンですが、小学校や中学校が同じだったり、
以前グループレッスンで同じクラスだったりで、全く違和感なく
チームの息もぴったり。
Meanwhile the chickens were getting ready to serve.
Beautiful golden brown❤
卒業ぎりぎりまで通って来てくれたみんな本当にありがとう!
毎週みんなとのクラス本当に私の方が楽しみました。
小さい子供から大人の女性に変貌していく
みんなと成長をともにして私も感無量です。
5年後に世界のどこかで同窓会をしよう!
と誓い合ってみんな旅立っていきました。
Everyone, have a fantastic life!

2013年2月19日
Miwako's EYE

先週も嬉しいニュースが飛び込んできました!
博士課程に合格された生徒さんが満面の笑顔で
クラスに来られました。本当に嬉しいです!
さて、この週末は神戸で初のPublic Speechをやってきました。
ラフプランが出来たのは1週間前くらい。
というのも、主催者側からタイトルを印刷しなければならないので
教えてくれと催促がきたからです。
あわてて、アウトラインを作りタイトルを送りました。
しかし、先週は母が病院から退院したり、東京から子供が帰省していたり、
公私ともにバタバタ。
やっと週の半ばでラフ原稿を書き上げ、タイトルをさらに変更。
でもスピーチは原稿を見ながら言うことはできないので
練習をしなければみんなの面前で堂々とお話をすることはできません。
ところが、この年になるとなかなかす〜っと覚えることができないんです。
結局前夜にiPhoneに原稿を読んだものを録音し
飛行機の中で練習しよう!と思いつきました。
でもあいにく飛行機は満員で、となりとの距離が狭く
ひとりで口をぱくぱくするのも恥ずかしく、結局ぐっすりと眠ってしまいました。
関西空港に着いて時計を見たら、泣いても笑っても
あと数時間しかない!と思い、飛行場の一番端の壁を背にして
大声で数回練習をしてみました。(一番近い人は20mくらい離れていました)
一回もまともに最後まで言えませんでしたが、なぜか心はスッキリ。
Lucが長崎を出るときに、原稿を見ないで
思うように言った方がいいスピーチになる、と言ってくれた言葉を信じ、
心臓ばくばくで、心は真っ白になりましたが、なんとか生まれて初めての
英語でのPublic Speechを終えることができました。
I hope I can do much better next time…
夜は大阪では操業200年の老舗の美々卯でうどんすき。
あまりのおいしさに至福の幸せを感じた私。
ここに私を招待してくれたのは長いことお世話になっている
内田写真の関東総合営業部長の木田さん。
幕末の写真師内田九一の学術本制作を
ここ数年数百点翻訳をやって来ましたが、
私がエスタミネーでやりたいこと、やらねばならないことが多すぎること、
そして歴史関連の翻訳には膨大な資料を読まねばならず
普通の翻訳より時間がかかるので翻訳だけを専門にやっているわけではない
私には時間的負担が大きいこと、
を理由に担当からはずしてもらうことにしました。
その業務引き継ぎも無事終了しほっとしています。

木田さん本当にいろいろとお世話になりました!

さて今回はLLC (Low Cost Carrier)のPeachで大阪へ行きましたので
(なんと片道1990円!!)
ホテルは大阪です。
いや〜地下街が迷路のようで、デパートが大丸、三越伊勢丹、阪急、阪神と
充実で、デパ地下でここにキャンプしたいと心で叫びながら、うろちょろうろちょろ。
上の写真は長崎ではお目にかかれない、伊勢丹の地下の
Isetan Girlsの一角。この横も後ろもIsetan Girlsの若い女の子用のブティックで
結構な面積です。この中にはスイーツのカフェが併設されていて、
座ってケーキを食べている1m先には
かわいい洋服やアクセサリーがずら〜と並んでいる感じです。
マツモトキヨシのコスメティックだけ扱っているおしゃれなお店もありました。
帰りは神戸からSkymarkなので、急いで神戸空港に行くと
なんと45分遅れ。
この余った時間どうしようと、思っていたらObservation Deckという
看板が目に入り、屋上の展望デッキに小雨の降る中初めて行ってみました。
人っ子一人おらず、雨でぬれているのがいい感じ。
白く大きなハートのライトがとってもマッチしていました。
帰りの飛行機の中では書店で買い求めたこの本を読みました。
私が既にやっていること、やりたいと思っていることを雄弁に語り、
この中原校長は実際にすばらしい教育を実践されています。
アメリカで10年以上も弁護士をされていたという半端ない彼は
本当に日本の教育を牽引して行くものを持っています。
日本の全ての教育者、教育関係者、教育委員会、文科省、
全ての親、大人たちは彼の声を大にして
言わんとしていることに真剣に耳を傾けるべきです。
「若者に世界の”ルール”を教え、

国際舞台での”試合”に勝たせ、

日本人としての”自信”を与えたい」

彼の話にロスアンジェルスに住んでいたこと、
パラオに高校生を修学旅行に連れて行ったこと、
長崎の浦上天主堂に行って神父様と原爆のことにつぃて語り合ったこと
などがあって、英語教育の教育観が同じということもあって
本当に機会があったらお会いして、日本の英語教育の
変革について語り合いたいなぁと強く思いました。
2013年2月15日
Miwako's EYE
I hope you all had a wonderful Valentine’s Day!

2013年2月11日
Miwako's EYE
いやぁ〜、やってくれました!
本当におめでとうございます!
フルタイムで英語を全く使わないお仕事されながら、
高校時代は苦手だったという英語の読解と格闘しながら
超忙しいスケジュールの合間を縫って通ってくれました。
4月からは大学院生。でもお仕事もフルタイムで続けられるそうです。
出来る人は本当に上手に時間を使うし、ぐちぐち言わないですね。
目標のためにまず必死でがんばる。
そして一つクリアしたら、また次の目標に向かって
走り続けます。
大学院では英語をたくさん読ませられ、
論文も書かねばらならいかもしれません。
国際学会に出席もしなければならないかも。
お手伝いが必要なときはぜひお声をかけてくださいね。
去年高校生のときに通っていたAnnaが大学1年生を無事終えて
遊びに来てくれました。
なんか洗練した都会の大人の女性に変身してますね〜。
彼女とはFacebookでもつながっているので
大学生活の様子もいろいろと共有させていただいてます。
大学生って本当に楽しいよね。
わたしもできることならまた大学生やりた〜い!
今週からオーストラリアへ1ヶ月留学ということで、
KaitiとDawsonと英会話もブラッシュアップ。
帰って来たらお話聞かせてね!
2013年2月6日
Miwako's EYE
今日のCNNニュースでExabyteの話が出ていました。
去年やっとTerabyteってすごいなぁ〜と思っていたのに
(今持っているポータブルハードディスクがterabyteです)
このコンピュータ時代のデータ量ってほんとうにすごすぎる。
その昔はキロバイト(Kilobyte)やメガバイト(Megabyte)と言ってました。
mega-という接頭語自体が「大きい、百万倍の」という意味なんですが、
megaより大きいgigaという単位ができました。
というかコンピューターの世界ではあったんでしょうが。
(私が知らなかっただけ)
gigaは10億 (=10の9乗)の意味ですが、語源は
ギリシャ語のgiant。
その次に登場したのがTerabyte (1兆 =10の12乗)
ギリシャ語のmonster。
さらにPetabyte(10の15乗)
petaはギリシャ語のpenta (five)からきているそうです。
Pentagon(5角形、アメリカ国防総省の建物などでなじみがある接頭語です。
ここにきてなんで 5なのかと思いましたが、
kilo → mega → giga → tera → peta
ということで5番目だからなんですね。
「大きい」の類義語が尽きたのか、想像力がなかったのか、
理系の人たちは
「神業的な」とか、「両親をもびっくりさせた」とかいうたぐいの
petaの次ぎに来るギリシャ語の形容詞を思いつかなかったんですかね。
その後に来るのが今日のExabyte。
1,000,000,000,000,000,000バイト=1,0006=1018 の情報量のことだそうですが、
私には想像もつかないとてつもない量です。
CNNのPauline Chiuさんが少しわかるかなぁという例えで
ひとつの小説が1Gigabyteだとしたら,
Exabyteはtrillion gigabytes (3兆の小説)に匹敵すると言ってました。
まあExabyteは「とてつもなく大きい」ということは理解できました。
情報量は減ることはないので、
これからこういう言葉がかつてのgigaやmegaのように日常化してくるんでしょうね。

1 2

DubLi-Travel3-Japanese-300x250

Monthly archive