長崎・長与・時津方面で英語教室をお探しの方
2022年7月25日
Classes, Miwako's EYE, Students

Screen Shot 2022-07-16 at 14.32.34

 

エスタミネー英語教室は、これまで20数年間本当にいろんな生徒さんの英語力アップに邁進してきました。

全くの初心者のABCからちょっと高度な英語まで、生徒さんが「これできるでしょうか?」と言われたことにはほとんど対応してきました。いわば英語教室のコンビニのようなものです。

通常の英語のレッスンに加え、長崎学を英語でやるとか、海外のホームステイの準備をしたり、博士課程に入る方の過去問対策や、その分野の資料の英文和訳やプレゼンや質疑応答の練習、多くの大学が条件としている修士過程に進むためのTOEIC対策、高校・大学進学のための推薦試験や英語面接の指導などなど。

現在ももちろんいろんなレッスンが進行中です。

私が担当しているある工学部の院生の方は専門分野の講義が100%英語だそうで、その分野のトレーニングをしています。もちろんその分野に私は馴染みがないのですが、とっても楽しいです。

ひとつは生徒さんが毎回やる気満々で来られ、宿題も3歩先までやってくるからです。

みなさん自分の好きなことって本当に取り組み方が違いますね。

ある医学生とは、レッスンの中でやるメニューの中のひとつにスタンフォード大学の講義を取り入れ一緒にやっています。

これもとっても楽しいです。生徒さんにとっては、自分の大学の講義と比べてまた一味違っていいかなと思っています。

これから少子高齢国の日本は海外情報をしっかり得て国力を伸ばさなくてはなりません。

小さい時から英語運用力をしっかり培っていくことは、ひとりひとりが世界の舞台で遜色なく立てることができ本人の人生をより豊かにするためだけでなく、日本の将来のためにも必要とより強く感じる今日この頃です。

2022年7月19日

15-GC

 

エスタミネーでは毎年推薦入試で大学へ進学する生徒さんが数名いますが、

 

ここ数年さらに増えています。

 

これまで国立大学医学部推薦入試には

毎年エスタミネー英語教室から数名合格者がいます。

 

 

 

今年は国立でも、文系学部の推薦を目指す方が複数名います。

 

 

 

ほとんどが高2で英検準1級取得者ですが、

必ずしも全ての受験生が受験までに準1級をとっているとは限りません。

試験形態も大学によってさまざまで、

 

例えば九州大学の共創学部総合選抜では、

 

一次試験に合格した人は

 

文系理系を問わないグローバルな問題に関する2つの講義を聞き、

 

90分でレポートを作成します。

 

その際に講義の一部が英語で行われることがあるということです。

その後受講したテーマに関して

10数名ごとのグループでディスカッションが行われます。

その後さらに、

 

 字数制限がない小論文を240分(4時間!)かけて完成させますが、

その間に面接があります。

辞書や資料の持ち込みOKということですが、

英語の講義を聞いて即座に提出できるレベルのレポートを作成したり、

そのテーマに関してディスカッションをするには

語彙力や意見を述べる力の実践トレーニングが必要です。

 

ということで、特別推薦で大学進学を希望する生徒さんは

 

早め早めに準備をすることが必要です。

英検の準1級、1級の対策はこのような試験にもってこいで

さまざまな世界のことに関して考え自分の意見を素早くまとめて

アウトプットするトレーニングができます。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

Screen Shot 2022-07-14 at 8.35.11

K ちゃんがカナダに留学します!
受験まで一生懸命走って、そして高校卒業後も留学生試験のIELTSの勉強で本当に頑張ってきました。
心の中では、色々と葛藤があったこの1年ですが、ついに太平洋を越えます:)

 

そこでインタビューしてみました。ビデオで生の声をお聞かせしたいんですが、マスクをしていて音がこもっているので聞こえにくいので以下読んでみてくださいね。

 

 

 

いつ頃カナダ留学を決めました?

 

 ーー受験直前まで悩んでいました。最初は私大に向けて勉強していましたが、夏の終わり頃からカナダの大学へ行こうといしが固まって直接留学することにしました。

 

カナダを選んだ理由は?

 

 ーー昔からカナダに行ってみたいという漠然とした憧れがありました。治安もいいし、留学生も多く環境的にベストかなと思いました。今はカナダに決めて大満足です。

 

大学では何を勉強したい?

 

 ーー何を学びたいというのはまだ固まっていなくて、今はホスピタリティ。1年間はとりあえずこれに取り組みます。

 

大学に入るためにどんな資格が要りますか?

 

 ーー9月から現地の語学学校に行ってIELTS を受験し、自分の行きたいコミュニティカレッジの点数を取得します。

 

 ここに至るまで、小中高の英語の勉強はどうしてきましたか?

 

 ーー小中一貫校の精道に行っていたんですが、その学校は英語には力を入れていて小さい時から外国の先生と話す機会がありました。それが英語への関心を高めたと思います。

 

英語勉強へのアドバイスは?

 

 ーー私は洋楽が好きで、小さい時から意味はわからなかったけれどリズムに乗って歌ったり、ミュージックビデオが好きでよく聞いていました。その延長で映画を見たり、今はMiwako 先生の勧めでBBC のReel なども見ています。

Kちゃんの英語力は非常に高く、その入り口が小さい時の学校での外国人の先生との時間や洋楽だったんですね。

楽しいことやワクワクすることって本当に心にスイスイ入ってきますよね。

目標を決めるまでは本当に多くの悶々とした時間を費やしましたが、一旦目標が決まると心が迷わないのでその先は大変でも集中して取り組むことができます。

Kちゃん、あなたならカナダに行ってもさらなる目標に向かってしっかり努力し、たくさんの素晴らしい経験をすることでしょう。
心から応援しています!

Have a great time in Canada!

 

 

 

2022年7月8日

1

 

世の中にはいろんな音があるけれど、
人間の歌声にはいつも感動をたくさんもらいます。

 



ちょっと前ですが、
私が大好きなCNNの ”Inside Africa” という番組で紹介された
このドラケンズバーグ・ボーイズクワイア。

 

本当に素敵な歌声です。

 

この学校は創立55年になり、
9歳から15歳までの男の子だけの合唱団の学校
というユニークなもので、
南アフリカの大自然の中にあります。

 

生徒さんはアフリカ中、世界中から来ているそうです。

 



この学校では、
ミュージシャンになったり音楽プロデューサーなど
将来音楽を通して身を立てることができるように
様々なことを学びます。

 



例えば、

 

・Aural training (音に関するトレーニング)が週に2回ーソルフェージュなどを使って音に関する能力を鍛えます

 

・Music appreciation が週に1回ー音楽のスタイルや概念、歴史を学問として学ぶことを通して、生徒たちが様々な意見を述べ自分達のパフォーマンスに活かします。

 

・Music production (音楽制作)が週に16〜17時間ー実際に歌ったり踊ったり、音楽を実演します。

 

・Music performance in public が週に2回ー外部の人に対してのコンサート

 

これに加えて、通常の中高生が学ぶ数学などのアカデミックな科目もあります。

 



1983年にはバチカンにも招かれ、ローマ法王の前で歌いました。

 



1995年には、反アパルトヘイト運動で27年投獄された後、
南アフリカの大統領になったネルソン・マンデラの前で歌いました。

 

このように、何かとても卓越した才能を持っていたら、
若い時からその才能をもっと伸ばす学校に行って
好きなことを通して自分を磨き社会貢献して、
実りある人生につなげていったらいいですね。

 

 

 

DubLi-Travel3-Japanese-300x250

Monthly archive