長崎・長与・時津方面で英語教室をお探しの方
Big Breakthrough in the Treatment of Cancer 新しいがんの治療法
2012年12月12日
Miwako's EYE
ABC Newsより

Big breakthrough in the treatment of cancer, using HIV as a weapon against cancerous cells! The treatment is being presented now at the American Society of Hematology.  Only a dozen patients have tried it, but listen to what happened to one little girl. Here’s ABC’s chief health and medical editor Dr. Richard Besser. 

(rough訳)
がん細胞にHIVエイズウイルスを使った画期的ながんの治療法!この治療法は米国血液学会で発表されました。わずか十数人しか治療は受けていませんが1人の少女におこったことを聞いてみましょう。ABCの医療・健康チーフのDr. Richard Besserです。

Emma Whitehead’s leukemia seemed undefeatable. No treatments left, and she was only 6. Then in April, a last gamble, using HIV to cure, not kill. Doctors took out millions of Emma’s disease fighting white blood cells. Then used a genetically altered HIV virus, which is great at getting into the human immune systems, to change those cells into targeted cancer fighters. MSLs went back in and destroyed the cancer. Dr. Stephen Grupp is a pioneer, using HIV to infiltrate the immune system.

Emma Whiteheadちゃんの白血病は治る見込みがありませんでした。他の治療法はなく、彼女はたったの6歳でした。でも4月に最後の望みとしてHIVエイズウイルスを使ってみました。医師らは病気と闘う何百万ものEmmaの白血球を取り出し、人の免疫システムに侵入する遺伝子操作をしたHIVウイルスを使い、その白血球をがんと闘う細胞に変えました。MSLはEmmaの体内に戻され、がんをやっつけました。(MSLという医学用語がわからずにすみません!おそらくそのHIV入った白血球だと思いますが日本語の適語がわかりません)Dr. Stephen GruppはHIVを使って免疫システムに侵入させたパイオニアです。

“All of the things that make the HIV virus able to cause the disease have been removed from this particular virus, so it’s only purpose is to put a gene into a cell. For me it’s incredibly exciting.”

「HIVウイルスがその病気を引き起こす原因となる全てのものが、この特殊なウイルスから取り除かれました。ですから、その唯一の目的は細胞に遺伝子を入れることだけです。私にとって信じられないくらいわくわくすることです。」

Here’s Emma just 8 months later. Doctors can’t find any remaining cancer cells. “She’s in a complete remission. She has no leukemia in her body by any test we can do, even the most sensitive test. “

8ヶ月後のEmmaです。がんの細胞はどこにも見つかりません。「彼女は完全にがんから解放されました。どんなテストをしても彼女の体には白血病はありません。」

“She has a ton of energy. She’s doing wonderful right now.”
“This treatment was a miracle. “

「彼女はエネルギッシュで今とっても元気です。」
「この治療は奇跡です。」

Emma is counting the days to Christmas. Her parents are busy counting their blessings.

Emmaはクリスマスまでの日にちを数えています。そして両親は神の恵みを数えています。

Now the treatment does wipe out part of her immune system, so she has to receive medication once a week to prevent infection. But she is feeling strong, and she’s back in the second grade.

この治療で彼女の免疫システムの一部が失われたので、感染を防ぐために週に一度薬物治療を受けなくてはなりません。でもEmmaは強くなっていますし、2年生にもどることができました。

Oh, it’s so wonderful to see her like that. What about the other of the dozen, now just one dozen who’ve had it. Were they also successful?

彼女のなおった元気な姿を見ると本当に素晴らしいですね。治療を受けた他の人たちはどういう結果だったんでしょうか。

Seven of them have had a great response. Three of them in complete remission, but not everyone. So researchers are looking to see why does it work in some and not in others. But the whole idea of using a virus to deliver treatment for a disease is absolutely fantastic.
7人は結果が良好でした。3人は完全に治癒しましたが、みんながそうなったわけではありません。ですから、研究者らはなぜある人には効くのに他の人には効かないのかを模索しています。しかしこのウイルスを使って病気を治そうというアイディア自体がまったくすばらしいですね。

Monthly archive