長崎・長与・時津方面で英語教室をお探しの方
2016年8月26日
Miwako's EYE, PICK UP

9

I was so impressed with so many great performances in this Olympic Games in Rio.

やっぱりオリンピックってすごいですね。もう感動しまくりました。

特に卓球女子団体戦。27歳、23歳、そしてなんと15歳という年齢の異なる三人が素晴らしいチームワークを見せてくれました。一人一人に求められる超ハイレベルの技術と気力。チームとしてのサポート体制。一球一球に込める魂。本当にスポーツって壮絶ですよね。

伊藤美誠選手がプレーしているときに、自分は戦いが終わり敗れてしまった福原愛選手が監督の横で毎回毎回何かアドバイスをあげている姿が特に印象に残りました。チームメイトとして「何か私にできることはないか」と最後までサポートに徹した姿は組織で働く者全てのモデルとなるような行動でした。個人でも自分の技術や役割を徹底的に発揮し、チームとしては自分の立ち位置をわきまえ、チームの目標に向かってそこでの役割を200%発揮する。

柔道で金メダルをとった大野将平さんも言っていた言葉「がまん」「ねばる」「攻め続ける」、というのもオリンピックレベルのスポーツをする者の共通の姿勢でした。

何かを平均以上に成し遂げようとするときに、運や勘だけでは達成できません。

日々のたゆまない努力。そして戦いの場でもがまんし、ねばり、攻め続ける。この気力、姿勢があると私たちオリンピアンではない者達も自分の夢を達成することができ、必ずや自分の人生のオリンピアンになることができるでしょう。

このエスタミネーでも、学年トップレベルの英語力、全国トップレベルの試験結果、スピーチ大会入賞、英検目標達成や志望校進学、第1志望の会社に就職など多くのチャンピオンを見てきました。

そのみんなに共通なのが、「がまん」「ねばる」「攻め続ける」という姿勢です。英検に1回で合格しなかったらまた挑戦する、まただめだったらさらにまた挑戦する。今回の中間テストで上位になれなかったらどうしてそうだったのかを見直し、期末では上位になるなど、みんなが「すごい〜!」と思う人たちは、自ら能動的に行動しています。そして決して一日でそうなったわけではない、ということを私は日々目の当たりにしています。

ある意味成功者ほど、失敗の数が多いということです。というのもその人たちはそれだけ戦いに挑んだ数が多いからです。そして挑み続けていると、いつの間にかみんなよりず〜っと先を歩いているのです。

そして同じ目的を目指す仲間がいるとさらにがんばれる。

オリンピックの感動を自分の糧にして、個人戦でも、団体戦でもさらに飛躍しましょう!

Well everyone, why don’t we perform well in our daily lives either in your own little work or in your team so that we can leap high and have a great life!

 

2016年8月24日
Miwako's EYE, Teachers

IMG_1003 (1)

Kwesi, who has a PhD in Pharmacology, is going back to Ghana.

3ヶ月ほど手伝ってくれたGhana出身のKwesi が帰国します。Kwesiは薬学博士です。

この背の高さ、そして優しいスマイル、丁寧なレッスン。受講したみんなに大きな印象を残してくれました。特に医療系の生徒さん達からはリクエスト多数。

アメリカ人やイギリス人などの外国人に触れたことがあった人たちも、アフリカのガーナから来た人に会った人はそういないでしょう。ガーナという国についても、チョコレート以外に政情が大変安定していて経済成長が素晴らしいことを学びました。

来年また来ると言っていたので、またエスタミネーで教えてほしいですね。

Thank you very much Kwesi! We will miss you!

 

2016年8月19日
Students

IMG_0995

Again another university student from Tokyo stopped by at Estaminet with a charango, a small stringed Andean instrument. He performed a bit for me and it sounded so beautiful♫

またまた大学生が帰省中にエスタミネーに寄ってくれました。現在慶応大学の史学科で大学生活謳歌中のRyoutaro。

なんと南米のフォルクローレの楽器チャランゴを持って登場。

「え〜っ!Ryotaro 音楽やるの〜?」「自分でも思ってもみなかったんですが、今サークルに入って毎日弾いてます」

そして素晴らしい音色のチャランゴの演奏をしてくれました。なんか受験前とは顔つきが変わり、すがすがしく若々しくとってもいい顔をしていました。大学のクラスの一環で青森などの発掘調査にも加わり、縄文時代の遺跡調査などもしたそうです。本当に今の大学生活の充実度を感じましたよ〜。

IMG_0997

We are very thankful for so many souvenirs from students who went all over during their summer vacation: Canada, Yakushima, Oita, Fukuoka, Hiroshima, Tokyo and so on.

今週は夏休みにいろんなところへ行ってきたみんなのお土産がた〜くさん!カナダ、屋久島、大分、福岡、広島、東京などなど。みんな素晴らしい経験のおすそ分けありがとう〜❤️

 

2016年8月18日
Miwako's EYE, Students

IMG_0989

大学時代TOEICレッスンに通ってきてくれて見事九州大学大学院に進学したFumihiro君がエスタミネーによってくれました。

Fumihiro is studying at Kyushu University Graduate School focusing on micro plastic marine pollution.

海洋汚染の中でも生態系への影響があると特に問題になっている海に漂うゴミ、マイクロプラスチック汚染の研究をしています。私たちのまわりにあるすべての生物はいずれ微生物によって分解されますが、プラスチックはどんなに小さくなっても分解してなくなることがありません。「海はプラスチックの袋小路」とも表現されるほど、最終的にプラスチックゴミは海に行きます。その問題の解明と対策が急がれますが、Fumihiro君の研究がこの地球を救う大きな一助になることを願ってやみません。

理系の人の世界はグローバルです。英語は運転免許のように普通に文献を読んだりコミュニケーションをしたりするのに必要です。理系の人は早くから英語学習の意識を高め、楽しく真剣に英語に取り組んでいくことで自分の人生の充実度を増すだけでなく、大きな社会貢献ができます。

Thank you very much Fumihiro for stopping by! I was very impressed with your research♫

 

2016年8月11日
Students, Travel

IMG_0813

昨年メキシコまで私が会いに行ったYumeちゃん(左)。一年の留学が終わり日本に戻って来ました。もう実家は長崎にないのですが、原爆の日に長崎に祈りの旅をし、その帰りにエスタミネーに寄ってくれました。

IMG_0812

 

私が彼女が住んでいるメキシコ、グアダラハラに行ったのはちょうどメキシコの独立記念日の2015年9月16日。ダウンタウンはお祭りムードでした。

DSC02060

DSC02159

メキシコで彼女に会った時も感動しましたが、今回も感動です。

ズバリ「留学して何が一番の収穫?」と聞いたところ、「前よりずっと”自信”を持って生きられるようになったということです!」

これは本当に留学して帰ってきた子たち共通に見られることです。

日本にいると本当に周りの目が気になったり、自分がみんなと同じような歩調でやるべきことをやってるかなど、雑音がとっても気になって生活しています。でも一度外国で生活すると、物事の価値観が違ったり社会通念が違ったりして日本の常識がなくなり、「素の自分」で生きなければなりません。日本で気にしていた小さなことがうそのように気にならなくなり、「自分流」で生きる心地よさを実感します。

そして自分が自分であることを素直に受け入れ、成長し人間力がつきます。

私も随分前に通ったこの道。真の幸せになるためには心の自立が不可欠です。

Yumeちゃんはこの一年ペルーやボリビア、キューバなど中南米の国にも行ってさらに見聞を深めたようです。

彼女が行ったメキシコの街で私が次回行きたいところは、世界遺産の街Guanajuato

images

そしてCenoteです。

Unknown

世界には本当に素晴らしいところがたくさん!みんなブツブツ言ってないで早く飛び出してみてね〜♫

1 2

DubLi-Travel3-Japanese-300x250

Monthly archive