長崎・長与・時津方面で英語教室をお探しの方
2011年1月26日
アメリカのObama大統領のState of the Unionのスピーチを聞きながら,そしてあれこれやりながら今これを書いていますが、本当に彼のスピーチには珠玉のメッセージがいつもたくさんあって、みなさんに全部ご紹介できなくて残念です。まだスピーチの途中なので、実際のscriptでチェックしていませんが、例えば、
No matter who you are, no matter where you come from, each of us is part of something greater.
The reason we are here today is not whether we sit together today but we work together tomorrow.
(いろんな問題があるが)These challenges shouldn’t discourage us.  They should challenge us.
People came here to shape our own destiny.  What would you change? Future is ours to win, not a gift, is an achievement.
Success is a hard work.
などなど。
ところで、今日のテーマは,Qwiki.com ( http://www.qwiki.com/ ).  昨日のCNNで紹介されたんですが、wikipediaの音声付きビジュアル版といった感じです。いままでwikiで文字で読んでいた情報を、写真画像を次々とポップアップし、音声で紹介するというサイトです。とはいえwikiとは別の人たちが作ったサイトです。 ただすごいのは情報源はwikiだけでなく、LinkedInの情報などともつながっていて人物検索ではその人のソーシャルネットワークの一端も知れる結構画期的なものでもあります。メルアドを登録すると毎日新情報を送ってくれます。音声はcomputer generatedという感じです。ちょっと無機質で、特に英語以外の固有名詞に関しては、英語の発音規則に従ってコンピュータが音声を作るので必ずしもその言語対応という訳ではありませんが、十分普通に聞けます。また、発音や情報が間違っていたら訂正するよう言うこともできます。ためしに、私が行っていた大学UCLAの情報を見てみると、http://www.qwiki.com/q/#!/University_of_California,_Los_Angeles
こんな感じです。
ENTER A TOPICというところにNagasakiとか、Leonard Da Vinciとかいろいろ入れてみてどんなものか試してみてください。(ちなみに時津町は出てきましたが、長与町は長与千種しか出てきませんでした。三菱もちょっと情報不足かな、という感じでした)字幕も出てきますし、ひとつひとつが短いので苦にならず読みの練習にもなりそうです。そこから青色でハイライトされた言葉をクリックすると関連事項や下項事項に行ってさらに情報検索ができるのでなかなか楽しいです。想像していない画像が出て来たりするのでそれも嬉しい。
Category Miwako's EYE
2011年1月23日

この1,2年アメリカのreality showであるSo You Think You Can Danceを見ていますが、ダンスのすばらしさを再認識しています。

ロスアンジェルスに住んでいたころは、全くリズム感もなく踊りもへたな私ですが、よくみんなと踊りに行っていました。LAでは週末は”Let’s go out somewhere!”ということで、毎週話題のレストランに行ったり、ライブコンサートに行ったり、劇を見に行ったり、セイリングや乗馬、パーティと週末にやる事には事欠きません。ダンスにいくのもそのひとつで、私たちがよく行っていたのは、Wilshireの南にあるフランス系のavant gardeなディスコや、downtownのundergroundなところ、そしてHollywoodのsoul系やcontemporaryなところでした。ただ私は踊りに行くというよりは、行くところのthemeに合わせてふだんと違うファッションを思いっきり楽しみ、友達と楽しい時間を過ごすということが目的で、上手に踊ろうなどはあまり思ったこともありませんでした。(というか踊れない

UCLA時代のあるときマレーシア人の友人が学校のダンスサークルの発表会に誘ってくれたことがありました。そのとき踊る彼を見て、その情熱、技術、そしてエンターテインメント性などに初めて感動を覚えました。その後キャンパスのカフェテリアで知り合ったUCLAの大学院に行っている2人の日本人女性、ひとりは北大の農学部出で、きのこの研究ばかりをしていたという人、もうひとりは大阪大学の社会学部を出た人、がダンスの勉強のために大学院に来ていてあらためてダンスって大学院の学科にもなるようにすごいんだと思いました。「科目は解剖学からあるのよ」って言ってましたが、ふたりとも「ダンスがやっぱり一番好き」ということで、本当にがんばっていました。ひとりの子のアパートには一面に鏡が貼ってあって常に自分の生活にダンスがあるという感じ。もうひとりの子は英語の論文が苦手だということで、一緒にお寿司屋さんでバイトしていたこともあって、論文作成の手伝いもしてあげました。

世界中に踊りは人類の歴史とともにありますが、人間は最終的には感情の動物で、ダンスは文字よりも、言葉よりも内なる心のささやきや叫びを表せる手段です。ただリズムに合わせてからだを揺することはできても、あのSo You Think You Can Danceの出場者のように、あれだけ精巧な技術をマスターする過酷な練習をし、情熱を持って表現するダンスは、何よりも雄弁で見る者に感動を与えます。
それとともに、あの番組はまだ世に出ていない人たちの登竜門のようなものですから、夢を持っている全ての人に感動を与えるのでしょう。Yes, if you believe in yourself and work very hard for your dream, you can achieve more than you have ever imagined!

Category Miwako's EYE

小学生がクラス待ちの間、迷い猫がやって来ました。あまりにも「ニャーニャー」泣くので、おなかがすいたのかお母さんを探していたのか、それともこの日はとっても寒かったので「寒いよ〜」と言っていたのかな?クラスが終わった後も子猫ちゃんが気になってなかなかみんなお家へ帰りませんでした。でもその日の夜の中学生がなんとこの子猫が気に入って、お迎えのお母さんの同意を得てお家に連れて帰りました。子猫ちゃんも新しい家族と暖かいお家ができてよかった、よかった♥

ところで、火曜日は長崎大学病院へおじゃまし4月からの薬剤部でのクラスの打ち合わせがありました。久しぶりに大学病院を訪れましたが、新しい玄関ができており以前と違う雰囲気でした。またLawsonがあるあたりは交差点のようになっていて、吹き抜けで明るい光が降り注いで大変いい空間でした。びっくりしたのが、5分くらいそこに立っている間に、次々と生徒さんたちや生徒さんの親御さんたちに出会ったことです。あんなに大きな建物の中に何千人の人がいる中で、小さな英語教室に関係がある人たちにあの瞬間に会うなんて驚きです。医学部の生徒さんたちはそれぞれ救急部や泌尿器科、心臓内科などいろんなところで研修していたようです。

現在大学病院では「若手医師のためのプレゼンテーションスキル」というクラスを展開していますが、今度は薬剤部ということで、また全く別の内容になります。大学病院ということもあって、外国人の患者さんも来られることが多いことと思います。みなさん必ずしも英語が母国語ではないと思うので対応される薬剤部の方の苦労もあるかと思います。また、窓口での対応だけではなく、入院患者さんにも服薬指導などが必要で大変なお仕事だと再認識しました。こちらも気を引き締めて薬剤関係のことを勉強したいと思います。

Category Miwako's EYE
2011年1月18日

土曜日は子供の新年会でした。
日頃違うクラスで勉強しているお友達ともゲームを通じてすぐに仲良くなり、みな
とても楽しい時間を過ごしていました。They listened so well!!
新しい年ということもあり干支にちなんだゲームも盛り上がりました。子供は「干支」と日本語で聞いても??といった感じなのでしょうが、ゲームの最後にはすっかり理解したようで驚きました!中にはAre you a rabbit? と聞いて私の年齢を計算する生徒もいましたよ(笑)

その後も先生が準備した楽しいゲームをどんどんクリアし、お待ちかねのケーキとホットチョコレート♪♪おかわりしてもいいと分かると突然Please! Please!とカップを右手に持ってルークのところへ行く生徒が続出!やっぱりみんなきちんと英語を話してお願いしてました。Good job☆

久しぶりに行った子供の新年パーティーでしたが、もう次回の予定を尋ねる生徒も^^
みんな大満足のパーティーだったのではないでしょうか?次回は毎年大人気のサマーキャンプが夏に計画されています。(n)

Category Miwako's EYE
Social tagging:
2011年1月17日

今年のGolden Globe Award(ハリウッド外国人記者クラブ主催)は、やはり去年暮れのTIME紙の「今年の顔」の表紙を飾ったMark Zuckerbergが始めたFacebookの話しを綴ったThe Social Networkが映画ドラマ部門の作品賞、監督賞、脚本賞、作曲賞に輝きました。早く見たいね。

Category Miwako's EYE
Social tagging: >

1 120 121 122 123 124 125 126 134

DubLi-Travel3-Japanese-300x250

Monthly archive